fc2ブログ
『夫の墓には入りません』
- 2022/05/13(Fri) -
垣谷美雨 『夫の墓には入りません』(中公文庫)、読了。

社会問題をコメディタッチに描く著者にとっては
得意分野と思わせるタイトルです。

40代の夫がホテルで急死。残された妻は、出張先の東京で亡くなったと思っていたら、
会社近くのホテルで亡くなったということで、急に浮気疑惑が浮上。
さらに、夫の両親がこれまで以上に主人公を嫁として家に縛ろうとして
いろんな形で介入してきます。

舞台が長崎で、夫の実家は地元の資産家で名の知られた立場ということで、
地方だと、夫が亡くなってもこういう義理の家族との付き合いはありそうだな・・・・と
想像の範囲ですけど納得感高かったです。
実際、私の周りでも、旦那さんを早くに亡くした後も婚家にとどまっているお嫁さんも居ますし。

私は他人から干渉されるのが嫌なので、そもそも結婚生活は無理だと思ってるのですが(苦笑)、
夫が亡くなった後にもこんなに生活に干渉されるのはごめんだな・・・・と思いましたが、
でも、読んでいて、そんなに不快な気持ちにならなかったのは、
夫の両親もその親族も、多少は自分勝手なところがあったとしても、
根本のところに悪意がないというか、よりよい将来を・・・と思っての行動なので、
うまいところに着地してほしいなぁ・・・・と思いながら読んでました。

中盤、いろんな介入が積み重なって主人公が自分の両親に向けて爆発しちゃうんですが、
ここで父親が冷静に対応して、娘の爆発にもちゃんと諭して落ち着かせて、
大人の頼れる男って感じで驚きました。
まぁ、接客業で身を立てている人らしい人間洞察力なのかも。

終盤、父親が問題解決に動き出し、上手く行き過ぎなくらいに進んでいくのですが、
人間関係というのは真正面からぶつかって本音を伝え合うことも大事なんだなと思いました。
その時に、自分の要望を言うのではなく、自分がどう感じているのかを言えという教えも
はぁ、なるほどなぁ、という感じでした。
ま、現実世界ではここまで上手くはいかないと思いますが、
この心構えは役に立ちそうです。

主人公が、新しい恋に早々に踏み出していくのは、
まぁストーリーの味付けとしては必要だったのかなと思いますが、
「お父ちゃんを裏切るなよ~」と思ってしまいました。

主人公の人の好さにつけ込んでの恋愛沙汰でしたが、
親を悲しませるようなことはしてはいけないよ、親はいつでも自分の味方なんだから、
ということを、自分自身の自戒の意味も込めて感じた読書となりました。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  垣谷美雨 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『カーテンコール』 | メイン | 『実行力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6737-40640a8c
| メイン |