fc2ブログ
『実行力』
- 2022/05/12(Thu) -
橋下徹 『実行力』(PHP新書)、読了。

最近、あちこちで炎上してますね、橋下さん(苦笑)。
ウクライナ関連の発言や中国関連の発言は「炎上」の範囲内だと思いますが、
今問題になっている上海電力の件は、炎上というより疑惑ですよね。
結構ヤバそう。

もともと橋下さんの、それこそ「実行力」は信頼してました。
実際に維新の会が大阪の財政状況の立て直しを進めており、その端緒は橋下さんが作ったものだと思います。
「実際に改革をしたのは松井さんや吉村さんだ!」という反論もあるのかもしれませんが、
でも、維新による改革の最初のムーブメントは、やっぱり橋下さんの功績だと思います。
松井さんだけでは実力があっても地味なので市民や府民の気持ちに火をつけられたか疑問ですし
吉村さんは、橋下さんや松井さんによる抜擢があってこその活躍のように思います。

なので、橋下さんが政治家を引退したときは残念だなと思いましたし、
その後もネットニュースでその発言は結構追いかけていたつもりです。
政界に近いところから発言することで、良い影響を与えてくれたらなと期待していたのですが、
先日の北村弁護士との対談番組を見て、「あー、こんな人になってしまったのか・・・・」と
正直、気持ちが冷めてしまいました。

北村弁護士の発言を遮る、上から被せるように大声で発言する、「違う違う」と連呼する、
顔をしかめる、睨むようなきつい目つきをする、そして、ぐいぐい酒を飲む。
建設的な議論だったり、自分の意見をきちんと説明しようとしたりする姿勢には見えませんでした。
北村弁護士を論破し、「すみません」もしくは「わかりません」と言わせようというところが
ゴールになっているような対決姿勢に見えました。

そんな残念な気持ちで、積読だった本作が目に留まったので読んでみました。
大阪市長に初当選してから、政治家引退をするまでの数年間に
実際に大阪市や大阪府の行政の長として取り組んできたことを、
具体的な実例をもとに、どういうスタンスで仕事に当たってきたかを説明しています。

もし、北村弁護士との対談動画を見ていなかったら、本作の感想は今まで通り、
「やっぱり橋本氏の決断力や実行力、腹のすえ方は凄いなぁ」と感心して終わってたっと思うのですが、
今回の読書では、「なんで、あの動画ではあんな姿勢だったんだろう?」とモヤモヤしてしまいました。

読み終えて何となく感じているのは、行政が抱えているような課題は、
「金が足りない」「人手が足りない」「能力が足りない」「理解が足りない」というような
ある程度、課題が数値化できたり誰が評価しても課題として認識できたりして
客観的に課題の度合いが共有できるので、「この課題に取り組むぞ!」とリーダーが意思決定し
部下からすると、リーダーが腹くくって取り組むというなら自分も仕事として頑張ろうと受け入れ、
皆が入れ動き始めたら、ちゃんと成果が出るという、ある種、分かりやすい構造にあるのかなと。

それに比べて、今、炎上している案件は、どちらかというとイデオロギーに根差した価値観が
大きく影響している事象(ウクライナ人は侵略にどう向き合うべきか、中国は「悪」なのか等)のようで
人により、立場により、見解が180度変わるようなものなので、行政課題の解決のような
一人のカリスマが「こうだ!」と高らかに発言しても、解決するどころか議論に燃料投下するような
そんな感じになってしまうのかなぁと。
さらに、橋下さんは口が悪いので、一層燃えやすいのかなと。
そしてプライドが高いので、他者からの意見には超絶キツイ言葉で反論するので、一層一層燃えるという。

維新の会との関係も切れてしまった今、親身になってこの難局を助けてくれる人が
どれぐらいいるんだろう?と心配にすらなってしまうほど。
まぁ、維新の会も「もう関係を持つのはデメリットの方が多い」と判断してのことかもしれませんが。






にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  橋下徹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『夫の墓には入りません』 | メイン | 『最高の雑談術』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6735-adf7ef00
| メイン |