fc2ブログ
『芸術起業論』
- 2022/04/28(Thu) -
村上隆 『芸術企業論』(幻冬舎文庫)、読了。

著者の作品については、エロチックなフィギュアはあんまり好きではありませんが、
アニメ的イラスト的なも作品は結構好きです。
というか、仕事で六本木ヒルズの企業さんを訪問していた時期に
ヒルズやテレ朝周辺に著者の作品がデーンと展開されていて、
私の中では、東京生活の思い出のシーンとして頭に残っています。

その後、何冊か著者の本を読みましたが、
職業としての芸術家の仕事を全うするということに全力を注いでいて、
興味を持つようになりました。

とにかく自分の作りたいものを好きなように作ることに熱を上げて
特に誰からも支持されていないような、いわゆる芸術家「志向」の方々に対して、
私はちょっと苦手意識があるのですが、
「稼げないヤツはだめだ!」と言い切る著者は気持ち良いです。

そう、「芸術家」と名乗る以上は、芸術活動で生計を立てられないとね。
草野球が趣味の人が、「野球選手です」と名乗れないように。

そして、この方の面白いところは、自分の芸術作品がいかに評価されるかという
自分だけを考えているのではなく、アートディレクターだとか、キュレーターだとか
そういう芸術関連社会の中で働く人々の仕事のありようも考慮に入れていて、
広く「芸術業界」というものの生末を考えているところです。

自分一人が勝ち逃げすることを考えずに、
自分の作品がより一層社会で評価されるようになるには、
日本の「芸術業界」がもっと大人にならないといけないと考えて、
そのための発信というか啓蒙を、著作などを通じて行っているんだなと思います。

私自身、仕事でいろんあ組織の人たちとかかわりを持たせてもらっていますが、
きちんと商売をやっている会社さんは、新しく作ったものを「試作品」と表現します。
売上規模も小さく利益も出ていないようなところや、趣味のグループの延長線のような
人たちほど、すぐに「新商品作りました!」と口にします。
「どれぐらい売れてるんですか?」と質問すると「これから売るんです」というような返答。
「商品は、商いが立ってから初めて『商品』になるんだよ・・・・」と心の中で思ってしまいます。

「この品物をこの値段でなら買ってもいいよ」と、誰かが思ってくれて初めて商売が成り立つんだし
芸術作品も、きっと、そこで初めて「作品」として一人前になるのじゃないかなと思います。
著者の主張は、私たち一般人に対しても「仕事をなめちゃだめだよ」と諭してくれていると感じ
もっと真摯に自分の仕事に向き合わないと!と再認識させられます。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  村上隆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『リーダーになる人の「ランチェスター戦略」入門』 | メイン | 『暴走する「偽」環境ビジネス』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6723-92d32191
| メイン |