fc2ブログ
『無理』
- 2022/02/28(Mon) -
奥田英朗 『無理』(文春文庫)、読了。

上下2巻でボリュームがありましたが、一気読みできました。
物語として面白いかどうかよりも、地方の閉塞感をものすごくリアルに描いていて
そう!そう!そう!そう!地方はそう!と納得感が非常に大きな作品でした。

市町村合併で市に昇格し、旧町の名前の頭文字をつないで「ゆめの市」となった北の方の地方都市。
そこに住む5人の人間の暮らしを順番に覗き見していくような構成です。

県庁から合併対応でゆめの市役所に派遣され、生活保護支給者の整理をさせられている公務員の男、
観光で行った東京の姿に、ゆめの市には未来がないと大学進学で上京をめざす女子高生、
不良あがりで漏電遮断器の訪問販売を高齢者に売りつける詐欺の会社に勤める若者、
市内唯一の大型商業施設で万引きGメンとして働きながら新興宗教に帰依する中年女性、
不動産会社社長から市議会議員になり、次は県会議員の座を狙う野心の男、
この5名を通じて、ゆめの市の一般市民の人生が描かれます。

みんな、それなりに、自分の人生に希望をもって、
「県庁に帰ればやるべき仕事がある」「東京の大学に進学して自分が成長する」
「販売実績を積み上げて社長に評価してもらう」「新興宗教の教えを布教し組織内で出世する」
「県会議員、果ては国会議員だ」それぞれに夢を描いています。

でもね、客観的に第三者的な立場から見ると、女子高生ぐらいしか展望に明るさがないなと。
県庁に戻ったって地方のしがない県に過ぎないし、
どれだけ漏電遮断器を売ったところで詐欺だし、
新興宗教組織のおかしなところは本人も薄々気づいてるし、
市議会議員としてやろうとしている事業は土地転がしに過ぎない。
どれも、ちまちました夢なんですよねー。

そのちまちましたものを、大事な夢だと錯覚してしまう、
もっと言えば、ちまちました夢だと本人も分かっているのにそれしか夢を持てない、
それが今の地方都市の致命的な限界を表しているように思います。
大きな夢を持つきっかけがないというか、現実味がないというか、
そういう想像すら放棄しているようなところが、地方に住む人々にはあるように思います。

この「限界」「閉塞感」「シュリンク」という状況を、登場人物たちの思考回路、行動様式の
1つ1つに、とてもリアルに描いているように感じました。
まさに、私自身が生活している地方都市にも、同じような人がたくさん住んでます。

5人の主人公だけでなく、その周囲にいる人々も、とてもリアル。
5人の身に降りかかっている事件は、人が死んだり、狂気の人が襲ってきたりと
かなりレアな体験ではあるのですが、そこの非日常感以上に、
登場人物たちの存在感のリアルさに引き込まれました。

最後、なかなか5人の生活空間が重なっていかないので、
この5人の物語をどうやって繋げるんだろう?という小説としてのエンディングが
気になってましたが、正直、最後のオチのつけ方は、あんまり面白くなかったです。
確かに空間では繋がったけど、それで各々の人生がどう変化したのかが、
読み取れない終わり方だったので、ちょっと拍子抜けする感じでした。

とにかく女子高生は、自分に非がないのに不幸な目に遭ってしまっており
彼女だけは可哀そうだと思いながら読んでいたのですが、
このエンディングで、多少は救われるところがあったのかなぁ・・・・と
ここもなんだか心残りでした。






にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  奥田英朗 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『取引』 | メイン | 『日本の聖域』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6675-b7c6b3a7
| メイン |