fc2ブログ
『三毛猫ホームズの駆け落ち』
- 2021/12/13(Mon) -
赤川次郎 『三毛猫ホームズの駆け落ち』(角川文庫)、読了。

三毛猫ホームズシリーズも何作か読むと
この緩い推理展開と、ぶっ飛んだ事件構成も楽しめるようになってきますね。

とある地方で対立する2つの名家から12年前に駆け落ちしてきた10代の少年少女。
東京に逃げ延び、新たな生活の中で自分の人生を歩んでいましたが、
地元に残っている名家の跡継ぎが2人とも一度に亡くなる事件が起こり、
跡継ぎ問題やら相続やらで、駆け落ちした2人の存在が問題になり、
地方から東京へ、2人を探しに追手が派遣されることに・・・・。

この駆け落ちした2人の名前と、主人公の片山兄妹の名前が一緒だったことから
人違いの騒動が持ち上がり、事件に巻き込まれていく片山兄妹。
さらに東京で、関係者の間に殺人事件が続き、刑事としても事件に関わることになっていきます。

地方の名家の関係者が、みな、短期でおっちょこちょいという
ドタバタコメディの定番設定で、わかりやすいです。

そして、肝心の駆け落ちしてきた2人は、
単なる純愛話に終わらせるのではなく、人間ってそういう感情を持ってるよなーという
黒い部分を描いていて、結構シビアな視線を向けています。
このあたりの、登場人物のドタバタさと、片山兄妹周辺のポップさと、
物語の根底に流れるダークさとのバランスが良い作品でした。

あ、トリックや動機は無理筋ですよ(爆)。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  赤川次郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『大阪弁ちゃらんぽらん』 | メイン | 『新編 銀河鉄道の夜』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6613-f524bbd8
| メイン |