fc2ブログ
『東大生が育つ家庭のルール』
- 2021/11/27(Sat) -
東大家庭教師友の会 『東大生が育つ家庭のルール』(PHP文庫)、読了。

私には子供が居ないし、別に教育関係の仕事をしているわけでもないし、
東大卒でもないのに、なぜか買ってしまい、ずーっと積読になっていた本。

積読解消に読まないと・・・・と半ば義務感から手に取りましたが、
予想と異なり非常に興味深い内容で面白かったです。

現役東大生にアンケート調査を行い、
子供の頃にどんな勉強をしていたか、どんな躾をされたか、どんな家庭のルールがあったかというのを
根掘り葉掘り調査して、1人1人の事例として紹介しています。

で、見えてきた実態は、
「保守的で常識的なまじめな両親にしっかり基本に忠実に育てられた子供たち」という印象です。
そして、それは、我が家にも当てはまります。

本作では、各章でチェックリストが示されているのですが、我が家に当てはまるのは以下の通り。
・ 毎日の勉強、塾選び、進路は子供本人に任せて親はサポート程度。
・ 成績が悪かった時のペナルティはなく、成績が上がったときのみ褒める。
・ 勉強を強要するルールは採らない。
・ 他人への礼儀を最重視しきちんと教え込む。
・ 基本的な生活態度やマナーは中学生になるまでに徹底的に習慣づけさせる。
・ 食事のマナーは厳しめ。
・ 家族そろって囲む食卓を大事にする。
・ 自分の頭で考えてお金を使う習慣が身につくルールを設定している。
・ 欲しいものがあるときは、なぜそれが欲しいのか必要なのか自分の口で説明させる。
・ 人付き合い、体験の機会に必要な費用は必要以上に制限しない。
・ 自由になるお金をある程度は与え、その使途には干渉しない。
・ ゲームの使用時間は本人の性格を見極めてルールを設定している。
・ 友人付き合いに絡む娯楽には寛容で必要以上に制限しない。
・ 娯楽を制限するときはその理由を本人に説明したうえでルールを設ける。
・ 自分の頭で考え自分の足で人生を歩むことを念頭に置いた教育方針。
・ 親自身が自分の経験から学んだ教訓をもとに方針を決めている。
・ 子供の成長に重要な方針を柱に据えたら、細かな口出しは控える。
・ 日常生活から学習面、交友関係まで一貫した方針に従う。
・ 学校生活を重視している。

というわけで、7割合致しました。
たぶん、ロザンの宇治原さんも同じなんじゃないかと推測。

大学の友達と話してても、親から勉強を強制されてやっていたという友人は
ほとんど居ないのではないかと思うぐらい、みんな、勉強そのものを楽しんでいた感じです。
知識を得ることや視野が広がること自体が面白いことだし、テストは点取りゲーム。
だから大学に入ってからも、社会に出てからも、みんな引き続き勉強してるし、
会うたびに刺激を与えてくれる存在です。

結局、人間は、何千年も時間をかけて今の「常識」や「慣習」を作り上げてきたわけで、
そこには、人間が社会という仕組みの中で快適に暮らしていくための
知恵が凝縮されているのだと思います。
だから、保守的な考え方で、きっちり物事を進めていくと、社会の中で良い位置に
進んでいけるのかなと思います。

自分自身が、両親や祖父母、親戚のおじちゃんおばちゃん、学校の先生、そして友人たちから
学んだり躾けてもらったりした、その全てに感謝しようという気持ちになる本でした。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『巨いなる企て』 | メイン | 『毎月の脅迫者』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6603-8d50cbc4
| メイン |