fc2ブログ
『「自分メディア」はこう作る!』
- 2021/10/18(Mon) -
ちきりん 『「自分メディア」はこう作る!』(文藝春秋)、読了。

ちきりんさんって、あんまりブックオフで本を見かけないんだよなーと思っていたところ、
本作を見つけたので早速買ってきました。
そして、本作の中に、執筆依頼を読者層と所要時間で分類して受ける仕事を厳選していると書かれており
あ、多作な人ではないのね・・・・・と納得。
なんだか勝間さんとかのイメージで見ちゃってました。

で、中身ですが、ブロガーとして有名になり、その後、本を出版したり、講演会をしたりと
活躍の場を広げてきた著者が、どうやって自分のブログを育ててきたかを具体的に解説しています。

もともと日記を書く習慣があり、その一部を友達に見てもらっていたという経験から
ブログというツールが登場してきたときにすんなり紙からWEBへ移行ができて、
人に読まれても大丈夫な日記を書くスキルも持っていたという、
なかなか面白いスタートラインに立ってたんだなと分かりました。

で、ここから、日々日記を投稿していき、少しずつ読者が増えてきた中で、
ある日、自分の投稿がプチ炎上したことで、一気に有名ブロガーになっていきます。

このプチ炎上に際して、いろんな人から批判的なコメントが殺到する中で、
それにあたふたするのではなく、「なぜこの投稿が急に注目されたのか」「なぜ批判を受けたのか」
ということを冷静に考えて、その分析結果を以降のブログ運営にすぐ活かしていきます。
ここで、コメント欄を閉めて終わり!とかで逃げるのではなく、今後の運営の戦略やルールに
反映させていくところが凄いなと思います。

そして、やっぱり大事なのは、それまでコンスタントに日々投稿をしてきたという蓄積ですよね。
何かのきっかけで想定外の量のアクセスが発生したときに、刹那的な興味でアクセスした人が
「他の投稿ではどんなことを書いてるのかな?」と見に行けるだけのストックがあることが
そこから継続的にアクセス数を伸ばしていくためには必要なことですよね。

だからSNSでは毎日投稿などのコンスタントな努力が必要ですし、
そしてバズらせるための積極的なアプローチをとるタイミングも見極めないといけないですよね。

著者の場合は、自分のブログに対する読者の変化をきちんと察知し、
その分析を行い、そして運営ルールの中にきちんと落とし込んで、
自分自身がルールをきちんと守って効率運営を徹底する。
ルール化と徹底も大事ですよね。

どんなテーマであっても、成功するのに大事なのは、
継続的な努力とルール徹底による効率化、その2つかなと思います。
その持論が、ちきりんさんのブログ運営の具体的なプロセスで検証できたので
納得性の高い読書となりました。

後半、過去のブログ投稿の中で、反響の大きかったものがいくつか掲載されていましたが、
本作で「ブログサービスを選んだ理由は投稿日付が見やすかったから、日付は大事」と
あれだけ強調してたのに、このブログ掲載パートでは、ブログの投稿日が文章の最後に
カッコ書きで記録されていて、「ちきりんの言ってること、実行してないやんかー」とここはガッカリ。
編集者の配慮が足りないこともガッカリだし、ちきりんさんがチェックしてないこともガッカリ。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  ちきりん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ツバサの脱税調査日記』 | メイン | 『ミステリー通り商店街』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6572-fd11fc7c
| メイン |