fc2ブログ
『今はちょっと、ついてないだけ』
- 2021/10/06(Wed) -
伊吹有喜 『今はちょっと、ついてないだけ』(光文社文庫)、読了。

連作短編集。
主人公は、二十歳過ぎで「ネイチャリング・フォトグラファー」として
テレビで自分の冒険番組を持っていた写真家の男。
やり手の事務所社長が不動産投資に失敗して自己破産し、番組は終了。
連帯保証人として数千万円の負債を主人公が負うことになり、
その後、田舎に戻って宅配便の深夜の仕分け仕事などでコツコツ返済し、
40歳を過ぎてようやく完済したところから物語がスタート。

カメラなどの機材も手放してしまい、デジタル化の波にも乗り遅れ、
借金を完済したことで頑張る気持ちも途切れてしまい、
怪我で入院した母親の見舞いに毎日病院へと通う日々。何も起きない平凡な日々。
そんな中で、母親の同室の患者から、退院前に写真を撮って欲しいといわれ、気が進まないまま
その息子が退院手続きのため病院にやってきたときに、半ば盗み撮りのような形で親子写真を撮影。
その写真をきっかけに、再び写真の道へと戻り始める物語です。

この主人公の今の姿を見て、可哀そうだなと思うのは、
他人の借金を背負わされたことや、その返済に20代・30代の人生の大事な時期を失ったこと以上に、
テレビに出てもてはやされていた時代の自分を肯定できていないことです。
最近、私は、人間にとって最も不幸なことは、貧乏でも病気や障害でもなく、
自己肯定感が無いことなのではないかと思っています。
なので、本作の主人公の、過去の自分を丸ごと拒否する姿勢に、同情してしまいました。
自分の人生の5年ぐらいの間を丸ごと否定し、さらにその後の15年ぐらいが黒く塗りつぶされるのは
本当に不幸なものの考え方だなと。

なので、本作の短編が連作として進んでいく中で、主人公が写真の道に戻る決意をし、
そして少しずつ、自分らしい写真の仕事のあり方を模索していく様子に、
とても応援したくなりました。

また、この主人公の相棒的な立場で登場する宮川サン。
物語に登場してきたときは、とても感じの悪い役回りで、自分の都合しか考えていない自分勝手な姿に
短編2話目の冒頭で、妻と娘に家で冷たくされている様子に、ザマミロと思ってしまった嫌な私。
ところが、主人公と一緒にいる中で、彼の本来の姿がだんだんと紹介されていきます。
元テレビ屋で、特にバラエティ担当だったため、ノリが軽く、適当なことばかり言っているように見えて、
ちゃんと場の空気を読んだり、想定される次の展開を誰よりも早く察知して、
馬鹿を演じながらゴタゴタの芽をさっと摘んでくれるその立ち回りのうまさに、
こういう潤滑油みたいな人が居ると、なんでも上手く回るようになるんだよなーと感嘆。

世の中には、ノリが軽いだけのテキトーな人間もいますが、
一見軽そうに見えて、ちゃんと実績残している人もいるわけで、
この宮川サンは、能ある鷹は爪を隠す的な形でノリの軽さを利用してるんですよねー。
あー、こういう人、私の周りにも居てほしいわー。

おかげで、3人目の登場人物、瀬戸ちゃんも、一度は挫折した美容のプロとしての道を
再び歩き始めるようになります。
そして、3人で、シェアハウスに住み、写真と演出とメイクというコンビで
最高の写真撮影を請け負うようになっていきます。

第3話まででここまでの展開を読み、ひねくれた私は、「あまりに上手くいきすぎだよー」と逆に反感。
私も自分勝手です(苦笑)。

ただ、第4話目以降は、この核となる3人のさらに周囲の人間の話になっていき、
必ずしも分かりやすいハッピーエンドとはなっていきません。
何かしら、前を向くためのヒントを得ながらも、まだもがいている最中のような終わり方もあり、
「そうそう、人生って、そんな簡単に上向くものじゃないよねー」と納得。

でも、みんな、自己肯定感が必ず上昇しているというのが、凄く良い展開だなと思い
気持ちよく最後まで一気読みできました。

伊吹作品、ヒットチャートからするとちょっと地味目ですが、今まで読んだ3作はどれも面白かったので
今後も引き続き追いかけていきたいなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  伊吹有喜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『おれのおばさん』 | メイン | 『半島を出よ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6562-1a3668a4
| メイン |