fc2ブログ
『看る力』
- 2021/09/28(Tue) -
阿川佐和子、大塚宣夫 『看る力 アガワ流介護入門』(文春新書)、読了。

阿川弘之氏の介護をし、看取った著者と、その入院先の院長(会長?)との対談本。

入院患者の希望に極力沿って対応する、
食べたいものを食べさせ、部屋の中で過ごしたいように過ごさせる、
それが健康で健全な老後の日々に重要だ、という軸で話が進みます。

理念はわかるけど、それを実現するには相当な資金が必要だよねー、
患者家族側にも、病院側にも・・・・・と思い、当該病院を検索してみたら、やっぱり高級病院でした。
個室で部屋代が月額90万円だとか。
対談内でも、この病院が生まれたきかっけがナベツネさんからの勧誘だったそうで
病院側の資金面にも問題なしってことですよね。
ま、「そういう世界の話」だと思いながら対談を読みました。

一般庶民には利用できない病院だとは分かりつつ、
でも、介護を一人で背負いこんではいけないとか、嫁や娘に丸投げしてはいけないとか、
そういう指摘は、その通りだと思います。
介護をきっかけに貧困層に転落していく世帯も多いと言いますしね。
お金の面以上に、被介護者だけでなく、介護者側も社会との接点が薄れていくのは
危ない方向性だと思います。

我が家も、祖父が軽い認知症だったので、母が中心になって介護してましたが、
病院への送り迎えは父がやったり、デイサービスはフル活用したり、
短期入院は父の同級生がやっている病院に融通利かせてもらって対応してもらったり、
なるべく負荷のないように、いろんなサービスや助けを使っていたと思います。
それでも、深夜に起こされたりする母は大変そうでしたが。

介護は割り切る、お金で解決できるところは当人の貯金を宛がう、
家族もそのお金を稼げるように仕事を頑張る、休息の時間も作る、
このあたりの心得は、今後もし、私自身が介護をしなければいけなくなったら
ブレないようにしたいと思います。

そして、逆に私が病気や事故で介護される側になる可能性もないとは言えないので、
そのときは、「無理な介護はしないでね」と意思表示できるようにしておかないといけないですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  阿川佐和子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『もひとつ ま・く・ら』 | メイン | 『鼻』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6559-2238a06c
| メイン |