fc2ブログ
『神話をひも解きながらめぐる神社の旅』
- 2021/08/10(Tue) -
合田道人 『神話をひも解きながらめぐる神社の旅』(祥伝社黄金文庫)、読了。

井沢作品で、神話の世界の話を少し読んだ
ので、その流れで神社の本をば。

前書きを読んだら、タレントさんが、自分の興味が募って神社の本を書いたということで
いわゆる広い意味でのタレント本かと思って、それほど期待せずに読み始めたのですが、
意外にも面白かったです。

まず何より、自分で全国の神社に足を運んでいるのが良いですね。
歌手なので、全国津々浦々仕事で行く機会があるというメリットもあるのでしょうけれど、
観光地として名の通ったところだけでなく、マニアックな、でも多分神話の世界では重要な
そういう神社をちゃんと訪れて、自分がどう感じたのか、その神社にどんな思いを抱いたのか
そういう点をしっかり書いているので、読んでいて共感できました。

さらに、自分なりの神話の解釈を面白おかしく述べていて、
その解釈が専門家の世界で本流の解釈なのか異端児なのかは分かりませんが、
自分の言葉で説明できているというのも、神社への思いが表面的ではないというのが伝わってきました。

こういう神社とか神道とかの本って、入口は本人の個人的な体験をもとにしながら、
段々と後半は本で読んだ話をかみ砕いて語っているだけみたいな、
取ってつけたようなものも散見されるので、最初から最後まで
ご本人の神社愛が伝わってくる内容で、面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『日本史七つの謎』 | メイン | 『学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6526-fd6582a4
| メイン |