fc2ブログ
『たった一人の熱狂』
- 2021/04/04(Sun) -
見城徹 『たった一人の熱狂』(幻冬舎文庫)、読了。

幻冬舎社長の著者が、自分の仕事哲学、人生哲学を語った本。
どちらかというと本作の編集にあたった箕輪厚介さんの方に先に興味を持ち、
そこから本作を知りました。

ホリエモン等のビジネス系Youtube動画を見ていると箕輪さんが登場してきて、
その仕事に対するエネルギーの大きさ、判断する際の視野の広さ、処理スピードの速さ、
あらゆることが、凄い能力の高さだなぁと感嘆しました。

で、そんな編集者が著者に直談判して作ったという本作、
そして、その後、幻冬舎に転職したという経緯からも、興味津々です。
もともと著者の本は、藤田晋氏との共著を面白く読んだ口なので、
期待しましたが、期待以上に濃厚なメッセージの集合体でした。
どの本も、単行本は幻冬舎からの出版ではないというところも興味深いです。

正直、「ワークライフバランス」とか「長時間勤務の禁止」とか
そういうことが議論されている時代においては、著者の働き方は時代錯誤というか
時代の流れに逆行しているように捉えられかねないと思いますが、
私は、世の中の多様性を生み出すためには、こういう哲学の人が存在していることは
大事なことなのではないかと思っています。
この働き方を部下などに強要さえしなければ。

ここまで自分の時間と情熱を注ぎこんでこそ見えてくる世界観や
得られる信頼、人間関係というものはあると思います。

ホリエモンとか、ひろゆきさんとか、口の悪さや非道な物言いで目立っている人がいますが
そういう表現面での特殊性を取り除いた中身の人間としては、
勉強家で努力家で、努力することそのものを成長の過程として楽しんでいるような人だと思います。
見城さんも、Twitterでの某作家さんとの喧嘩において、暴露行為で炎上してましたが、
そういう外に対する表現面の問題点に目をつぶれば、著者の努力のプロセスというのは
とても勉強になります。

私には、同じようにはできませんが、自分で限界線を引かずに
できるところまでやり尽くす気概というのは、仕事にも生活にも大事なことだなと改めて思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  見城徹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『絶望の国の幸福な若者たち』 | メイン | 『横道世之介』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6454-2db34706
| メイン |