FC2ブログ
『独裁の宴』
- 2021/02/26(Fri) -
手嶋龍一、佐藤優 『独裁の宴』(中公新書ラクレ)、読了。

佐藤優氏の話は、やっぱり国際情勢分析が一番興味深いですね。
しばらく著作から遠ざかってしまっていましたが、先日久々にホリエモンとの共演を動画で見て
確かに解説の切れ味は鋭いけど、国内情勢の分析は、日本の政治がふにゃふにゃだから
鋭い刃を持っていても切れ味がよく伝わってこないんですよね(苦笑)。
斬る相手が、斬り甲斐のあるモノじゃないとね。

というわけで、本作は、その斬る相手が、
北朝鮮であり、一つの中国であり、トランプ・バノン政権であり、
一流の戦略国家ばかりなので、各国が持っている野望がはっきり分かって、
とても面白い内容でした。

日本国内の報道では、表面的な出来事を断片的にしか伝えてくれないので、
なんでそんな流れになっているのか理解できないんですよね。
ただただ「今こういうことが起きました」というだけで、背景が分かりません。

しかし、本作を読んでみると、米朝二国間協議に傾く可能性は大いにあると言っていて、
確かにその後、そういう動きになったので、さすが世界の動きを読んでいる人には
分かるんだなぁと納得。

テレビも新聞も全然そういうことを伝えないからダメなんだ!と、
最近流行りのメディア叩きを私も最初は頭に浮かべたのですが、
しかし、途中から、「価値ある情報を無料で入手しようという自分の姿勢が間違ってるのかも」
と思うようになりました。

本質を突いた解説をタイムリーに知りたいと思ったら、
そこは対価をきちんと払う必要があるのかなと。
スポンサーが対価を払ってくれているテレビのニュース番組に
そもそも、骨太の解説を視聴者が求めることに無理があるのかも・・・・と思うようになりました。
すでに私はテレビ契約を切っちゃったので、もうテレビというメディアは関係なくなったのですが(苦笑)。
新聞も、一応日経オンラインは契約してますが、ニュース解説を読むためじゃなく
自分の関係する業界のニュースをプッシュ通知でタイムリーに知るためなので
払ってるお金は、解説内容に対してではなく、プッシュ通知機能に対してなんですよね(爆)。

Youtubeでも様々な情報を無料で入手することができるようになりましたが、
本当に重要な情報は有料動画になっていると思います。
一見、無料メディアが急拡大しているように思えますが、
実は、対価を払わないと意味のある情報が得られないという構造に変質していってるんだなと
本作を読みながら、そんなことを考えていました。






にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  手嶋龍一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『おいしいおにぎりが作れるならば。』 | メイン | 『三重の歳時記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6434-4235b9bb
| メイン |