FC2ブログ
『ホームタウン』
- 2021/02/21(Sun) -
小路幸也 『ホームタウン』(幻冬舎文庫)、読了。

この作家さんは2作目です。
前に読んだ人気シリーズは、イマイチ私にははまらなかったので、
本作もそんなに期待しないまま手に取ったのですが、意外と面白かったです。

主人公の青年は、中学生の時に、不仲の両親が喧嘩の延長で殺人事件に発展し、
その現場を目撃した妹の手を引いて現場を逃げ出すという過去を背負っています。
殺人を犯した人間の血が自分にも流れているという恐怖、
家族というものを持つことに対する不安、そんなものを抱え、自分を隠し、抑えながら生きています。

彼の現在の職業は、百貨店の「顧客管理部 特別室」勤務。
肩書は20代にして「部長」。
百貨店内で起きる不祥事を秘密裏に解決する、または握りつぶすのがその役目。
異様な権限を持っているため、百貨店内で恐れられている男であり、
実際に、不祥事を追及した相手の百貨店社員が自殺したことも。
紆余曲折あり、今は、その自殺した男の家族と一つ屋根の下に住んでいる・・・・。

「人が死ぬ」ということについて、子供の頃の苦しい記憶と、現在の仕事での汚れた部分、
あまりに異様な背景を2つも主人公に負わせてしまうのは、
キャラクター設定として特異すぎなのではないかと、読み始めの時は引いてしまいました。

しかし、この主人公の周囲にいる人たちが、ユニークで、しかも優しいんですよね。
日米政治からヤクザの世界まで顔が利く職場の上司であるカクさん。
中学生の時にバイトをした菓子屋の主人。
そのバイトで訪問したヤクザが経営するバーの店長。
彼らは、独自の人生哲学をもって、骨太な日々の暮らしをしており、
その日常の中で、異様な過去を背負った主人公に温かいまなざしを向けてくれます。
主人公に対する彼らの態度・姿勢が、なんだかとても素敵で、それに触れたくて
読み進めたような感じです。

ストーリーの軸は、この主人公の妹が結婚することになったのに、ある日突然失踪。
同居人が最後に見たのは、自分の意志で、何も持たずに部屋から出ていく姿。
バッグも財布も携帯も部屋に置いたまま、どこかに行ってしまった妹。
そして、妹の婚約者も、妹よりも数日前から行方不明に。
婚約者が同じ百貨店勤務という繋がりもあり、業務として主人公は調査を始めます。

この調査の進展ぶりが、先ほど述べた、主人公のユニークな人間関係のおかげで進んでいくので
ワクワクしながら読み進めることができました。

失踪の原因については、うーん、百貨店内での事件がきっかけになってますが、
これまた重たい内容で、殺人に、自殺に、違法物とは・・・・・北海道恐ろしすぎ(苦笑)。
ちょっと劇的な要素を盛り過ぎな気がしました。

一方で、妹の方の事情は、腑に落ちました。
最初は、「なんで結婚を目の前にしてそんな判断をするんだろう?」と疑問でしたが、
本作の中で、主人公が「何をきっかけに心変わりをしたのか」ということを
じっくり検討していくシーンがあり、そこで至った原因の結論に
「あぁ、それなら確かに、今までを捨ててしまうかも」と納得。
この納得性は、殺人に、自殺に・・・・という展開があってこそだったので、
このために必要な設定だったのか・・・・とは思いましたが、でもやっぱり盛り過ぎ(笑)。

著者の作品に関しては、バンドワゴンシリーズよりも、
本作のような、もうちょっとシリアスな作品の方を読んでみようかな。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ミーナの行進』 | メイン | 『私の田中角栄日記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6431-4bfcea8a
| メイン |