FC2ブログ
『ここに地終わり海始まる』
- 2007/08/05(Sun) -
宮本輝 『ここに地終わり海始まる』(講談社文庫)、読了。

ちょっと苦手なジャンルの小説でした。
登場人物の皆さんが行き当たりばったりのわがままさんで。
「なんで急にそんな行動をとるの?」という
『嵐が丘』を読んだときと同じような感想になってしまいました。

たぶん、人間というものは、この小説にあるように
その行動を選択した説明ができない瞬間ばっかりなんでしょうけれど、
第三者の人生を文章で読むからには、納得感を得ながら先に進みたいんですよね。

ふとしたことで判断を変えるにしても、
「この展開で、この環境で、この会話の流れであれば、こういう選択もあるな」
と納得できる心変わりであってほしいのです。
この点が、有吉佐和子作品はとっても自然なんです。

上下巻の大作だっただけに、下巻は、読み進めるのがしんどかったです。

あと、尾辻玄市は、なかなか魅力的なキャラクターでした。


ここに地終わり海始まる〈上〉 (講談社文庫)
ここに地終わり海始まる〈上〉 (講談社文庫)宮本 輝

おすすめ平均
stars人間ドラマの傑作
starsそれでもポルトガルに行きたくなる
stars心が洗われる作品でした。
stars若い男女の心情を描く新しい?宮本作風の傑作
stars新しい始まりに向かって背中を押されてる気がするから。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここに地終わり海始まる〈下〉 (講談社文庫)
ここに地終わり海始まる〈下〉 (講談社文庫)宮本 輝

おすすめ平均
starsタイトルも含めて見事な「人間の再生」を描いた作品
starsドラマ化したい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

嵐が丘 (新潮文庫)嵐が丘 (新潮文庫)
エミリー・ブロンテ 鴻巣 友季子

新潮社 2003-06
売り上げランキング : 31316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  宮本輝 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
<<『真夜中のマーチ』 | メイン | 『ひとすじの闇に』>>
コメント
--
初めまして。
訪問履歴から辿ってきました。
読んだことない本が多くて、興味津々です。

これからちょこちょこTBさせていただきます。
よろしくお願いします。
2010/12/10 09:08  | URL | どんぐりぼうや #uvrEXygI[ 編集] |  ▲ top

--
どんぐりぼうや様

TB&CMありがとうございます。
その時の気分でいろいろ読んでしまう雑食性の本読みですが、
興味を持っていただけて嬉しいです。
今は、仕事の関係で、ちょっとビジネス本とか業界解説本が
多くなってますが、基本は小説好きです。
2010/12/11 00:56  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/643-fc0fe72c
-本の紹介 『ここに地終わり 海始まる(上)(下)』-
以前読んだ本の感想になります。 ここに地終わり海始まる〈上〉宮本 輝 講談社 1991-11売り上げランキング : 870039Amazonで詳しく見る by G-Tools ここに地終わり海始まる〈下〉宮本 輝 講談社 1991-11... …
2010/12/10 09:03  ふわふわ、とん。 ▲ top

| メイン |