FC2ブログ
『青年・渋沢栄一の欧州体験』
- 2021/02/13(Sat) -
渋沢栄一 『青年・渋沢栄一の欧州体験』(祥伝社新書)、読了。

まもなく大河ドラマで渋沢栄一翁の物語がスタートしますね。
一橋大学出身者としては、これで一般社会での認識がより高まると嬉しいなと思います。
私は、家にテレビがないから見られないんですが(苦笑)。

さて、渋沢栄一を扱った本は、過去に何冊か読んできましたが、
本作は、若い頃の欧州視察に絞って詳しく解説されており、面白かったです。

やっぱり渋沢栄一を描いた本となると、500もの会社を作ったとか、
多くの教育機関を支援して人材育成に努めたとかl、そういう部分がクローズアップされてくると思うのですが
本作にもあるように、この欧州体験こそが、後々の渋沢の情熱のエネルギー源であり、
また様々なアイデアのネタ元だったと思います。

だから、渋沢の功績を知るには、功績そのものを学ぶことも大事ですが、
功績の素となった欧州体験を、渋沢と同じ目線で追体験することも大事だなと感じました。

随行員として、身の回りのお世話をし、訪問先との調整もし、
また細々とした事務もこなし、さらには頭が固いままの随行員を説教し・・・・など、
実務の天才のような人です。
でも、この実務経験が、後々の起業のノウハウやスピード感に繋がっていったのだろうなと思います。

私は昔勤めていた会社で、もうすぐ30歳になるという頃に先輩から、
「30代は我武者羅に働け。そこで蓄積したもので40代以降はスムーズに仕事をしていけるようになる」
と教えられ、必死で食らい付いていった思い出があります。
たしかに、30代で経験した仕事のおかでげ、独立した今の仕事ができているようなものです。
渋沢とはレベルが全然違いますが、必死で働くというのは必ず自分の中に残るものがあると
身をもって理解できました。

本作では、具体的に、どの国で誰に会い、何を見て、そこから何を気付いたかというエピソードが
ふんだんに語られており、「そういう視点で見てたんだ!」「その驚きが後世のこの実績に繋がったんだ!」
という興味深さと納得感がありました。

最後に、本作の著者は、やはり一橋出身の人で、
母校愛に溢れる文章も登場していたので納得。
そして、福沢諭吉に変な対抗心があるのも、一橋卒と知り納得(笑)。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  渋沢栄一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『シン・ゴジラ』 | メイン | 『思考のレッスン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6426-665e9db2
| メイン |