FC2ブログ
『思考のレッスン』
- 2021/02/12(Fri) -
竹内薫、茂木健一郎 『思考のレッスン』(講談社+α文庫)、読了。

モギケン、何冊か読みましたが、イマイチ学者としての評価が私の中で上がっていない人です。
最近はその著作もしばらく読んでおらず、一方でお名前はネットニュースでよく見かけるので、
もう私の中では、「世の中にネタを提供する人」ぐらいの位置づけになってしまっています。
最近も、鼻だしマスク事件で炎上してましたね(苦笑)。

一方の竹内薫先生は、最近段々と面白さがわかってきたので、
本作は竹内センセ推しで読もうと思って手に取りました。

が、ずーっと竹内先生の文章が続き、
モギケンどこいったの?と思ったら、終盤に対談相手として出てきただけでした。
共著みたいな感じで名前が並んでますが、これは竹内センセの本ですな。

その竹内センセの方も、のっけから、「文系とは~理系とは~」みたいな話が始まり、
「あれ?こんな縦割りみたいなこと言う人だっけ?」と、ちょっと印象と違いました。
言ってることは、文系と理系の両方の視点を持とうということで、私もその通りだと思うのですが、
その主張をするのに「文系/理系」の括りから話を始めるのって、
型にはまっているようで、あんまり好きではありません。
型にはまるなという話をするための前提が型にはまっていると言いますか。

個人的に面白いと感じたのは、竹内センセがご自身の子供の頃のことを語っている部分。
自分がどうやって科学に興味を持ち始めたのかとか、
学校に通えなくなった時にどう過ごしたのかとか。
それと、もう大人になられていた時のことのようですが、お父様が自己破産することになった
その直前の混乱についても赤裸々に語っていて、
こういう自分の負の過去をオープンに振り返ることって、今の自分に満足してなきゃできないよな・・・・と
変な話ですが、そんな50代を迎えている著者を羨ましく感じました。

文章も読みやすく、また無駄な長さもないので、
すっと頭に入ってくる良い本だと感じました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  竹内薫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『青年・渋沢栄一の欧州体験』 | メイン | 『北の街物語』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6425-7d729b7a
| メイン |