FC2ブログ
『ホルモー六景』
- 2021/02/07(Sun) -
万城目学 『ホルモー六景』(角川文庫)、読了。

『鴨川ホルモー』の続編です。

正直、『鴨川ホルモー』は、その突飛な設定に、さらに強烈なキャラが重なって
消化不良の読書になってしまってました

なので、続編も買うかどうか迷ったのですが、読んだら面白かったです。
「ホルモーってどんなんだったっけ?」と、記憶もあやふやでしたが、
読んでいたらだんだん思い出してきました。

6つの短編が入っていますが、
どれも『鴨川ホルモー』で描かれた物語の裏エピソードのようになっていて、
うまく前作とリンクしているようです(記憶あやふやなので想像ですが・笑)

むしろ、裏エピソードの方が、ホルモーから適度な距離感がとられていて、
一般人の生活の側から見ているので、普通の感覚の物語になっていて読みやすかったです。

物理や数学をやる人は、人知を超えた霊的なものの存在を認めないのではないか?という議論で
物理や数学の最先端の人は、証明できるかわからない、存在するかもわからない定理を
必死に解こうとしているから、「人間が知らないもの」のことを大事に思っているはず・・・・・
という視点は、なるほどなぁと思いました。

どんな学問の人であっても、一流の人は、
「知らないもの」について敬意をもって扱うような気がします。
「そんなのはあり得ない!」と断言する人の主張は、あんまり信用できないような。

話がそれましたが、学生が暇にまかせてバカなことを印象件名考えたり取り組んだりしているのって
やっぱり面白いですね。自分の学生時代もこうだったなーと懐かしく思います。

本作は、時代の幅も現代から過去に飛び、
空間の幅も、京都から東京に飛び、多様性も面白かったですが、
東京では、一橋大学が登場してビックリ。
早稲田や慶応が出てくるのかと思いきや、お茶の水と一橋でした。
まぁ、京大さんだと、同じ国立大学の方がリアルな交流ありそうですね。

そして、その反動なのか、私学への評価が低い気がします(苦笑)。
同志社の学生で「薩長同盟」を知らないとか、それはないんじゃないですか?
立命館の学生で「天正10年」を知らないとか、それはないんじゃないですか?
立命館出身の知り合いは私はいないですが、会社の上司は同志社出身で
知的な方でしたよ。




にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  万城目学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『死の発送』 | メイン | 『小さな会社の成功法則』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6420-0e274854
| メイン |