FC2ブログ
『天の瞳 幼年編Ⅰ』
- 2005/11/05(Sat) -
灰谷健次郎 『天の瞳 幼年編Ⅰ』(角川文庫)、読了。

この著者の作品では、
子供の個性や感受性よりも、
子供を見つめる大人の目に心引かれる。

子供に寄り添おうとする姿に、
こんな大人がたくさんいてくれたら・・・と願う。

悲しい事件が多いけれども、
それはニュースがセンセーショナルなものしか選ばないだけで、
本当はこんな温かな大人が大勢いてくれて、
今の社会があるのだろうと思いたい。

この作品では、倫太郎のキャラクターの強さに
最初は正直辟易したが、
次第に彼の考え方が描かれるようになるにつれ、
受け入れられるようになってきた。

続編を早く読みたい。

天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)灰谷 健次郎

おすすめ平均
starsみんな読んでみて
stars長編シリーズだけどわりと気軽に読める
stars素晴らしいです
starsはまります
stars感動とそして子育てを振り返るきっかけに。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  灰谷健次郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『香華』 | メイン | 区民プール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/64-7ac1d840
| メイン |