fc2ブログ
『淋しい狩人』
- 2007/07/30(Mon) -
宮部みゆき 『淋しい狩人』(新潮文庫)、読了。

立て続けの宮部作品でしたが、これは面白かった!

何よりも、イワさんと稔のコンビが実によろしい。
こんなお爺ちゃん&高校生の孫コンビがいたら、お友達になりたいぐらいです。
そして、隠れキャラのお母さんも何気に好感度大。

物語としては、町の小さな古本屋が舞台の連作。
「大手じゃないのにこんなに繁盛している古本屋、見たことないぞ」
と思うところもありますが、
入れ替わり立ち替わりお客さんが来てくれないと事件も起こりませんからね。
まぁ、やむなし。

町の古本屋が舞台なのに、
人が死んだり、虐待があったり、失踪したりと、
起きている事件はヘビーでしたが、
イワさんのキャラクターで、違和感なく読むことができました。


淋しい狩人 (新潮文庫)
淋しい狩人 (新潮文庫)宮部 みゆき

おすすめ平均
stars縦糸と横糸の織りなす不思議な味わいの作品
stars感情移入できるかどうか
stars長編の方がいいかなあ
stars六編の連作短編集
stars色々な意味での人間/人情小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  宮部みゆき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『原発が来た、そして今』 | メイン | あっついですなー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/639-b102da8d
| メイン |