fc2ブログ
『あほらし屋の鐘が鳴る』
- 2020/12/25(Fri) -
斎藤美奈子 『あほらし屋の鐘が鳴る』(文春文庫)、読了。

著者の本はなんと6年ぶりでした。
なかなか100円で見つけられないんですよねー。

メインは雑誌『pink』での連載エッセイ。
本に限らず世相を斬っていくものですが、やっぱり本とか雑誌とかエンタメとか
その手のジャンルのものが多かったので、その毒っぷりに面白く読みました。

ATMの画面に登場する女子キャラクターの銀行別特徴とか、
『失楽園』の勝手にあらすじ紹介&行動パターン分析とか、
まぁくだらないことを何もそんなに一生懸命分析しなくても・・・・って感じで笑えます。

冷静に考えると、それほど深い分析をしていおるわけでもないようにも思えますが、
結構オーソドックスな世の中の批評の枠組みに素直に当てはめて、
ただ具体的な分析を分かりやすく盛り込みズバッと斬っているところが面白いのかなと。
郷ひろみの『ダディ』の話とか・・・・・くだらないけど。

著者の分析力が光るのは、メインコンテンツの世相批評より、
終盤に併録された雑誌批評の方が面白いですね。

以前読んだ『男性誌探訪』の前段に当たる企画のようで、女性誌探訪です。
正直わたくし、ファンションとかに全く興味がないので、いわゆる女性誌ってほとんど買ったことがありません。
極まれにウンナンさんのインタビューがあったりすると買う程度で(苦笑)。

著者はいわゆるフェミニストですから、ちょっと主張がくどく感じる部分もあるのですが、
でも、やっぱり、女性の評価は女性の方が厳しいというもので、
女性誌のカテゴリ分けとか、読者層分析とか、販売戦略の変遷とか
毒まみれの解説で、笑えました。

紹介されている女性誌は、名前は知ってるけど手に取ったことが無いものがほとんどなので、
これでまた、私の中に勝手な各雑誌のイメージが構築されてしまいました。

ところで、タイトルの語感がすごいな~と感心していたのですが、
Amazonレビューを見ていたら、どうやら大阪の方で使われる言い回しのようですね。
こんな表現、初めて知りました。
誰が最初に言い出したのか、すごく気になります(笑)。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  斎藤美奈子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『一橋ビジネスレビュー2020春』 | メイン | 『娘と嫁と孫とわたし』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6381-31ba7a81
| メイン |