FC2ブログ
『武道館』
- 2020/11/27(Fri) -
朝井リョウ 『武道館』(文春文庫)、読了。

タイトルは直球の「武道館」。
主人公はデビューしたばかりの女性アイドルグループの4番手、5番手あたりの女の子。
「歌って踊ることが大好き!」というシンプルな動機でアイドルになったため、
芸能界という世界の仕組みの中で悩みながら進んでいきます。

朝井リョウは、高校生あたりの年代の揺れる心を描くのがうまいですね。
特に、自分が属する社会において自分がどう見られているかを心配する心と、
自分自身の本音が自分でもつかみ切れていないという不安の
両方が分かりやすく描写されていて、
もう、その時代を二十何年も前に過ぎ去ってしまった私でも、「あぁ、こんな感じだったな」と
思わせてくれます。

女性アイドルの活動として出てくるのは
「握手会」「リリース発表イベント」「周年記念ライブ」「二期生」など、今どきの用語ばかり。
一時期、欅坂46のことをしっかり見ていたので、
本作に登場する用語なりビジネススキームなりは理解できましたが、
これって今や一般常識なんですかねぇ。
わたくし、2017年の紅白を見ていなかったら
AKBグループや坂道グループのビジネススキームは、全然興味なしの状態だったと思います。

欅坂46は、『アンビバレント』まではしっかり情報を追いかけてましたが、
その後、平手さんの不安定さが顕著になり、さらにメンバーの卒業が立て続けにあったことで
「純粋にパフォーマンスを楽しめなくて面倒なグループだなぁ」と感じてしまい、
志田さんが卒業したあたりで私はリタイアしました(苦笑)。

おかげで、「握手会襲撃事件」「スキャンダルで卒業」「体調不良でドタキャン」などの負の側面の情報も
ある程度理解できて、悲しいかな本作をすんなり読めました(苦笑)。

ちょっとお話としてきれいにまとめちゃったのかなと感じたのは、
アイドルグループの5人とも、真面目でまともな子だったこと。
アイドルは夢を与える仕事!という思いに忠実な子もいれば、
女優になりたかったのにアイドルグループに入れられてしまいギャップに悩みながら演じる子もいれば、
子供から大人への体形の不安定な年頃なのに嘲笑されて悩む子もいる。
みんな、スタート地点は違ってても、今現在アイドルであることに関してはルールを守って
きちんとアイドルであろうとしています。
1人ぐらい不誠実な子がいてもアクセントになったのかなと思いつつ、
でも、デビューしても目立たなかったアイドルグループの成長譚として描くなら
不純物はいない方が良かったのかな。

結局、舞台はアイドルグループでしたが、
主人公の女の子の揺れる心は高校生の女の子ものでしたね。
なので、話の展開も、アイドルビジネス寄りではなく、
アイドルである時間と女の子である時間との切り替えの難しさのようなものを描いてます。

最後、ドロドロになっていくのかと思いきや、
思いのほかキレイにまとめてしまったので、「ファンはこんなに優しくないんじゃない?」と苦笑しつつ
アイドル好きの男性の目線から見た夢のようなものなのかもしれませんね。





にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  朝井リョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『まともな家の子供はいない』 | メイン | 『消えた巨人軍』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6364-4fd86b0e
| メイン |