FC2ブログ
『消えた巨人軍』
- 2020/11/26(Thu) -
西村京太郎 『消えた巨人軍』(徳間ノベルズ)、読了。

近所のおっちゃんにもらった本。
戸津川警部なのかなと思ったら、左文字という私立探偵が謎解きをする設定でした。
どうやら本作は左文字シリーズの第1作目だったようですね。

甲子園球場での阪神巨人戦のために東京から新幹線で大阪に向かった巨人軍御一行。
しかし翌日早朝に球団社長のもとにかかってきた電話は、「巨人軍を誘拐した」と言い出します。
定宿にしている旅館に確認すると「黙って宿を変えたのか!」とクレームを言われる始末。
本当に、巨人軍御一行の行方がつかめなくなり、球団は大混乱になります。

37人という集団の誘拐を、どんな手口で行ったのか、
また、身代金5億円をどんな方法で奪うのかが私の関心の的だったのですが、
まずは後者の方が先に展開し、そのスマートさに納得。

5億円ものボリュームのある現金をどうやって奪うのかな?と思っていたのですが、
無駄のない流れと、後追いさせない対策をきちんと取っている隙のなさに、
「この犯人は知的に冷静ですごいな」と興味が高まりました。

なので、この後に続く、誘拐の手法の推理と、犯人追跡の推理も、
犯人を応援するかのような目線で読んでいました。

Amazonのレビューからすると、大阪に詳しい人にとっては、
現場をあちこち訪ねて左文字たちが調査をするくだりが、
物理的な時間として無理だろうという声があるようで、リアリティの面で評価が下がっているようでした。
私は大阪の地理に詳しくないので、そこまで具体的な違和感ではなかったのですが、
あちこち行った割には「あれ?今何時ぐらい?真夜中?・・・・・いやそんなに遅い時間じゃないのか・・・」
という程度の疑問は出てきました。

ただ、私の関心が、物語展開のリアリティよりも、トリックの方に向いていたので、
作品の評価にはあんまり影響しませんでした。

むしろ、岐阜羽島駅の特徴をうまく使った手口に、「なるほどなぁ」と感心しきり。
地元の岐阜の人からするとリアリティがあるのかどうか判断はわかりませんが、
岐阜羽島駅を全く知らない人間からすると、ありえそうに思える描写で、面白かったです。

身代金を払ったらすぐに選手を解放すると言っていたのに、前言をひっくり返した理由なども
具体的に用意されていて、なるほどぉ。

犯人のリーダー格が警察の手に捕まった行動の原因は、
ちょっとこの人の慎重な性格に合わない気がしましたが、
まぁ、それぐらいの気変わりを用意しないと、隙がない犯人で逮捕というエンディングが
作れなかったんだろうなと、変な感慨になりました。

誘拐ミステリとして非常に面白い作品でした。
巨人軍の選手・監督の面々が実名で登場しており、
読売巨人軍全面協力の作品だったのかなと思いました。
逆に、無許可でここまで実名を使い倒してたら驚きです(苦笑)。

どうやら、この左文字シリーズというのは、『恋人はスナイパー劇場版』の原作の
『華麗なる誘拐』も属しているようなので、誘拐モノの優良作品が多いのかなと思いました。
戸津川警部よりも左文字の方を追いかけた方が読書満足度が高そうです。





にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『武道館』 | メイン | 『7日間で突然頭がよくなる本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6363-949a80b8
| メイン |