FC2ブログ
『虎と月』
- 2020/11/24(Tue) -
柳広司 『虎と月』(文春文庫)、読了。

中島敦の「山月記」をモチーフに、虎となった李徴の息子が、
父を探しに旅に出る・・・・・。

最初、「あれ、『山月記』って、虎になったあとどうなるんだっけ??」と記憶があやふや。
どこまでが原作にあって、どこからが本作の創作なのかわからないまま読み始めましたが、
「ええい、虎になった以降は全部本作の創作だ!」と決めつけてしまいました。
その方が楽しめそうだから。

息子は、虎になった父と会話をしたという手紙をくれた袁傪に、まずは会いに行きます。
しかし、訪ねた先には袁傪はおらず、内戦平定の関連業務で他所へ赴任中とのこと。
ここで書生とやりとりがあるのですが、なんだか要領を得ない問答が繰り広げられ、
あぁ、本作は父の虎話の真相よりも、息子の成長譚なんだなと了解。

続いて袁傪が虎になった父と遭遇したという町へと行きますが、
この町では地元住民から冷たい対応をされます。
この冷たい対応といい、先般の要領を得ない問答と言い、
なんだかRPGの世界観を小説にしたような印象でした。

原作「山月記」の漢文調の重々しい雰囲気とは異なる、
微妙にポップなファンタジー感があります。
「山月記」ファンからすると、ちょっと違和感を覚えるかも。

最後、虎になった真相に迫りますが、私的には、そういう解釈もありだなと感じられました。
少なくとも、こじつけ感はないように思いました。

こうやって、後世の作家が、知恵を絞って新たな作品を捻り出そうと思えるだけの
エネルギーを持っている原作なんだろうなと、原作の力強さに感じ入った読書となりました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  柳広司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『7日間で突然頭がよくなる本』 | メイン | 『東京日記1+2』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6361-2bcaa82f
| メイン |