fc2ブログ
『我が家のヒミツ』
- 2020/11/05(Thu) -
奥田英朗 『我が家のヒミツ』(集英社文庫)、読了。

家シリーズの第3弾。
このシリーズは、大きなどんでん返しはなく、むしろ日常生活の範囲内
主人公たちが困難を地道に乗り越えようとする姿を描いているので読後感がじわっと来ます。

子どもができないことを姑に突かれそうになっている女、同期との出世競争に負けた男、
赤ん坊の時に別れた実の父に会いに行く少女、引っ越してきた隣人の生活感のなさに怯える妊婦、
突然市議会議員選挙に出ると言い出した妻・・・・・・。

今の自分には直接関係のないシチュエーションばかりなのですが、
それでも、なんだか自分事のように読んでしまいました。

自分が親戚から不本意なことを求められたら・・・・、自分が身近な人との競争に負けたら・・・・、
自分の家族にまさかの真実があったら・・・・、近所に不審な人が引っ越してきたら・・・・、
もし自分が選挙戦に巻き込まれたら・・・・・。

どの作品も私だったらどうするかな?という目線で読んでいました。

そして、一番親近感をもって読んだのは、「手紙に乗せて」。
ある日突然、50代で妻を亡くした男。何も手が付かなくなり、家ではぼーっと過ごす日々。
毎朝仏壇に話しかけたり、時には涙してみたり。
そんな父の姿を、社会人になりたての息子の目で追いかけます。

20代では、まだ両親とも健在という人の方が多く、
会社の同僚は、亡くなった当時はお悔やみも口にしましたが、すぐにいつもの調子に戻っていきます。
一方で、会社の部長は、「自分も妻を亡くした時に苦しかったんだ」と息子に対して
父親を労わるように気を付けさせ、会社で顔を合わすたびに父のことを気にかけてくれます。

そして、偶然電車の中で出会った中学時代の同級生。
彼も中学生の時に親を亡くしており、彼は、会社の同僚たちと違って
親を亡くした気持ちを十分に分かって接してくれます。
この、主人公の経験を通した、「親を亡くすということ」「配偶者を亡くすということ」の描写が
変に客観的に分析しているから、却って胸に迫るものがありました。

私自身は両親は健在ですが、とても親しかった叔母が40代で亡くしており、
当時の私は主人公と同じ、社会人になりたての時でした。
会社の人たちには「叔母を亡くした」とだけ報告したので、どれだけ親しい叔母で
亡くした喪失感がいかほどかという説明はしなかったので、
主人公と同じような体験をしました。会社の同僚に旅行に誘われたりとか。
行き先が「伊勢」と言われたので、こりゃ神宮に行くぞ・・・・と思い、
「喪中だから鳥居をくぐるのはNG」という理由で旅行を断ったら、結構驚かれました。
「そんな真面目に喪に服すの?」みたいな。

その時、ああ、私が叔母を亡くしてどんなに悲しいかは、家族以外には分かってもらえないんだなと
諦めてしまったので、本作で、部長が主人公にかける優しさが、ホント素敵だなと思いました。
お父さんも、その苦しみを理解してくれる人が居てくれて救われただろうなと。

そして、ここまで感想を書いて気づいたのですが、
この物語を、私は、自分が両親のどちらかを喪うという視点では全く読んでいなかったなと。
叔母のことで頭がいっぱいでした。
幸い、父も母も比較的健康なので、まだ親の死というものが身近に感じられていないせいかもしれません。
でも、本作のように、脳梗塞でポックリということが無いとは言えないので、
これからはそういう覚悟もしていかないといけないなと、
せっかく読後感は暖かだったのに、最後、ちょっと気が重くなっちゃいました。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  奥田英朗 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『賢治の学校』 | メイン | 『誰も戦争を教えられない』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6347-1b24123c
| メイン |