fc2ブログ
『成城のとんかつやさん』
- 2020/09/21(Mon) -
宮尾登美子 『成城のとんかつやさん』(新潮文庫)、読了。

宮尾作品、かなり積読になっているのですが、
どれも分厚いので、手に取るのに根性いるなぁ・・・・・とそのままです(苦笑)。
ブックオフで薄めのエッセイを見つけたので、そちらから先に。

タイトルから食エッセイなのかなと思ったのですが、
出身地高知県の話あり、取材旅行の話あり、同業の作家さんの話あり、訃報の話あり、
著者の日常が垣間見れる多岐にわたるエッセイでした。

個人的には、食の話よりも、人の話が面白かったです。
どの人とどんなお付き合いがあるのか、どんな切っ掛けで付き合いが始まったのか、
その人のどういうところに惹かれているのか、等々。

特に最後の、「この人のここが素敵」と思っていることをサラッと書いていくところが
ベテランの巧みな文章技術だなと勉強になりました。

作品のタイトルが、なぜ「成城のとんかつやさん」が選ばれたのかは良くわかりませんでしたが、
とんかつとそうめんが食べたくなりました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  宮尾登美子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ジョブズは何も発明せずにすべてを生み出した』 | メイン | 『ざらざら』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6306-959cdf20
| メイン |