FC2ブログ
『シートン動物記1』
- 2020/08/07(Fri) -
アーネスト・トムソン・シートン 『シートン動物記1』(青い鳥文庫)、再読。

実家で読む本がなくなり、本棚をごそごそしてて見つけました。
多分、祖父が買ってくれた本だったように思います。
小学生の頃に読んだのかな。
あんまり記憶にないけれど(苦笑)。

祖父は、「オオカミ王ロボ」の話が大好きで、
本作以外にも実家の本棚にロボの本があったことを覚えています。
そして、弱ってたり怪我をしてたりで拾ってきた犬の名前は、代々ロボでした。
初代ロボはめちゃめちゃ頭が良くて、まさにロボっぽかったらしいのですが(わたくし3歳ぐらいで記憶薄)、
2代目は野良犬気質で短気だったので私は苦手でした(苦笑)。

「初代ロボは、あんたがどれだけ乱暴に触っても全然怒らなかったし、あんたのことを見守ってたわ」
なーんて父母に言われたら、初代ロボの断片的な記憶しかない私は、
「今、初代ロボに会いたい!」と羨ましい気持ちになります。

さてさて、物語の方のロボですが、やっぱり魅力的ですねぇ。
食べないのに羊を食い殺したりして無駄に反抗的なところもありますが、
自分の能力を過信せずに、人間が来たらすぐに逃げることに徹するところなど
合理的に頭が良いなと感じます。

妻のブランカが、ちょっとやらかしてしまったという展開なのですが、
これはもう、夫婦ですから、運命共同体ですね。残念だけど仕方なし。

最後の解説を読んだら、シートン動物記は創作だと書いてあり、それにビックリ。
てっきり実話を作品にするために多少演出したものだと思っていたので。
まぁ、でも、ロボそのものが居たと思うよりも、
様々なオオカミの頭の良いエピソードを統合して生まれたのがロボだと思った方が夢があるのかな。

本作では、ロボの話以外にも、クマの話やウサギの話も収録されていますが
正直、ロボほどには魅力を感じられませんでした。
小学生の時に本作は読んでいるはずですが、シートンにハマったという記憶がないので、
ロボ以外に気になる作品が無かったということなのでしょうね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『本物の思考力』 | メイン | 『ゴールド・フィッシュ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6280-9721c98b
| メイン |