FC2ブログ
『ゴールド・フィッシュ』
- 2020/08/06(Thu) -
森絵都 『ゴールド・フィッシュ』(角川文庫)、読了。

手軽に読めそうだなという程度で買ってきたのですが、
『リズム』の2年後を描いた続編という扱いだそうで、
「えっ、『リズム』ってどんな話だったっけ???」と混乱しつつも読み始めてしまいました。

結果から言いますと、『リズム』の内容は全く思い出せなかったのですが、
本作単独で読んでも十分に面白かったです。

主人公は女子中学生。
高校受験を前にして、大好きないとこの真ちゃんが、バンドを解散して音信不通という事態に陥り
ここで受験どころではなくなって地に足つかなくなっちゃうほど慌てちゃうのかと思いきや
真ちゃんのことを思わなくて済むように受験勉強にのめり込むという
なんだか分からない展開をしていきます。

理屈は良く分からないけど、でも、こんな逃げ方もあるのかもねと思えてしまう感覚。
中学3年生という、捉えどころのない年代を、上手く表現しているのかなと思いました。

さゆき、真ちゃん、テツの3人の関係も、誰かが突出して大人びてるとかではなく
それぞれがそれれぞれに少し大人の目を持ち始めて、互いに気配りできるようになっているという
その姿が清々しかったです。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  森絵都 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『シートン動物記1』 | メイン | 『理解という名の愛がほしい。』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6279-85e33093
| メイン |