FC2ブログ
『結果を出すリーダーはみな非情である』
- 2020/08/03(Mon) -
冨山和彦 『結果を出すリーダーはみな非情である』(日経ビジネス人文庫)、読了。

著者のことは知らなかったのですが、タイトルが面白そうだったので買ってみました。

結果、当たり!

産業再生機構のCOOを務めていたという経歴から、
ダメな組織もたくさん見てきた、そして、その中から復活した組織も見てきた著者ならではの
実地の経験から獲得した言葉が並んでおり、とても勉強になりました。

特に、自分自身、先週は取引先の大トラブルに巻き込まれ、
組織を預かる身として決断を下さねばならないシーンが多々あったので
著者の言葉は自分の実感を重ねて読むことができました。

そういう自分の読書タイミングの件を除いても、
かなり詳しくビジネスシーンを描いたうえでどういう決断をすべきか、
また決断に至るために経るべき思考プロセスなどが具体的に示されており、
とても納得性、共感性の高い内容でした。

1つ1つの著者の言葉をかみしめて読んでいたので、
5日間近く読み通すのにかかってしまいましたが、得るものが多い読書でした。




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『橋本治のかけこみ人生相談』 | メイン | 『一橋ビジネスレビュー2019秋』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6276-ee35e57e
| メイン |