fc2ブログ
『悩みどころと逃げどころ』
- 2020/07/27(Mon) -
ちきりん、梅原大吾 『悩みどころと逃げどころ』(小学館新書)、読了。

最近読んだ「Go To キャンペーン大混乱について」という、ちきりんさんのBlog記事が
大納得というか、あらゆる疑問の方向に対して整合の取れた解釈ができてるなと思い
さすが、ちきりんさん、考察力が凄いなぁと思っていたところでした。

なので、ブックオフでお名前を見つけて、とりあえず買ってきました。
梅原さんの方は、全く存じ上げないお名前だったのですが、
ちきりんさんの対談なら、まあ、大丈夫だろうということで。

結果、読んでみて思ったのは、梅原さんの発言の方に興味がわいた!ということです。

梅原さんというのは、14歳で格闘ゲーム日本一になり、2010年に日本人で初めて企業と
スポンサー契約を結びプロゲーマーになった人ということです。
うーん、私はゲームをやらないので、知らない世界の住人のお話のようです。

でも、私がよくこのBlogに書いている、「一流の人は語るべき言葉を持っている」というのは
梅原さんにも当てはまって、自分の人生観なり仕事の哲学なりを、
ゲーム好きの人に向かってだけ話すのではなく、一般人に向かって、プロゲーマーとはということを
熱く語れる言葉を持っている人なんだと分かり、ものすごく興味が湧きました。

自分の職業に対するプロ意識がとてつもなく高いですし、
その意識の高さが、非常にロジカルに自分の中で整理されている人だなと感じました。
梅原さんが語ることで、格闘ゲームの世界にも、少しだけ興味を持つことができました。
今まで、正直、ただ戦いを繰り返すだけの格闘ゲームって、何が面白いのか良く分からなかったので。
数少ない私のゲーム経験は、『信長の野望』とか『三国志』とかの歴史シミュレーションゲームに
偏ってるのですが、天下統一!という分かりやすいゴール設定に向けて
コツコツやっていくのが好きでした。

梅原さんの人生観とか仕事の哲学とかはご本人の著作でじっくり読めそうなので
そちらで確認するとして、本来楽しみにしていた方のちきりん先輩に関しては
正直なところ、ちょっと残念に感じてしまいました。

何よりもまず、この対談をコントロールしようという思いが前に出過ぎてしまっていて
ところどころ誘導尋問のように感じてしまいます。
一方の梅原さんは自分の考え方が間違って伝わることに強く抵抗するようなところがあり、
その意思が強い分、ちきりんさんの誘導尋問ぶりが目立ってしまい、
「あれ、こんな強引な話の誘導の仕方とか、反対におだてて誘導するとかする人だったっけ?」と
思わずにはいられませんでした。

正直、あんまり対談という形式が、ちきりんさんに合っていないのではないかという気がしました。
往復書簡という形式なら、もっと落ち着いて読めたような気がします。

ちきりんさんが言う「子供の頃から世の中の仕組みに凄く興味があった」という点には
激しく共感します。私もそうだから。
明日雨が降るかはあんまり興味ないけど、なぜ雨が降るのか、なぜ台風の雨風は強いのか
その仕組みを知りたいと切に願ってしまいます。
だから、最近読んだちきりんさんのBlogも、なぜ政府はあんな中途半端な形で
Go To トラベル キャンペーんを始めようとしたのかスッキリ理解できたのだろうなと思います。

ちきりんさんの解説が面白いのは、誰がどういうことをしたいと思ったというような個人の価値観や
誰と誰が対立しているというような個人的な感情を除いて、
なぜ、そういう政策を取ろうとするのか、何が目的なのか、その目的に対して一直線に進むには
その政策で良いのか、というような感情を挟まないロジカルな話の展開に
私は心惹かれるのだと思います。

だから、学校生活楽しかった?みたいな感覚的な話をちきりんさんがしているのを読むと、
「あなたがやるべき言論活動は、そういうことじゃないだろう!」と思えてしまうのかなと。

まあ、Blogはちきりんさん本人が興味の赴くままに世の中の仕組みのことを語れますが、
本にするには、当然、出版社側の思惑に沿って企画せねばならないわけで、
そうすると雑念が入って面白くなくなっちゃうのかも・・・・と思ってしまいました。

ちきりんさんは、最近読んだ著作は、どうも満足しきれないものが多いので、
出版社が絡んでくる本よりも、Blog記事を追いかけた方が、私は満足できちゃうかも。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  ちきりん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『一橋ビジネスレビュー2019秋』 | メイン | 『世にも奇妙な君物語 』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6274-7644bbf9
| メイン |