FC2ブログ
『大人のいない国』
- 2020/06/01(Mon) -
鷲田清一、内田樹 『大人のいない国』(文春文庫)、読了。

内田センセの対談本のようだったので買ってみました。
お相手の鷲田先生のことは存じあげなかったのですが、
Wikiで見たら、かなり著作数も多いようで、私が浅学だということですね。
あんまり哲学に興味ないもので、すみません・・・。

そして、お二人の対談で、内田センセが自分の専門分野について「文学研究」と言っており、
「あ、文学者だったのか!」と変な驚きも(苦笑)。
社会に関する考察をたくさん発信しているので、
私の中では社会学者的な位置づけ(フランス現代思想)だったのですが、
確かにWikiを見ると「フランス文学者」となっており、文学よりなのかぁと今更気づきました。

正直、本職に関する著作はあんまり読んでいないので、
エッセイというかブログを本にしたものばかり読んだ感想としては
社会にモノ申すセンセイという位置づけで、実は何をきっかけに言論界に出てきた人なのか
良く分かっていません。

そして、Wikiには、「立憲民主党パートナー」と書かれており、
「おー、そういうことなのか!」と変に腹落ち。

昔から、日本社会の考察や日本人の分析は納得できるのに、
なんで個々の政策への賛否は共感できないんだろう?と思ってましたが、
立民支持なら、私は納得できなくて当たり前だなぁと、そこは納得。
アベノマスクでも強烈に皮肉ってYahooニュースになってましたが、
批判するだけの意見は苦手です。
コロナに立ち向かう建設的な意見がほしいです。

はぁ、本作の内容に全く触れない乾燥になってしまいましたが、
鷲田センセ、すみません。
対談は政治思想抜きの話だったので、面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  内田樹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ザーッと降って、からりと晴れて』 | メイン | 『雑談力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6243-0c8eac05
| メイン |