FC2ブログ
『少数株主』
- 2020/05/25(Mon) -
牛島信 『少数株主』(幻冬舎文庫)、読了。

非公開株式を主題にしており、弁護士出身作家の面目躍如という感じの企業法務小説です。
ただ、小説としてのバランスが悪いような気がして、小説というよりは
企業法務について小説仕立てで解説しました・・・という程度な印象です。

同族経営で、それなりの規模に育ててきた会社というのは、
創業家のプライドなり、家族関係問題なりが重みをもってしまい、
本来の企業経営の観点とは異なった価値観で判断しなければならないことが増えてくるというのが
具体的な同族企業を舞台にした株式のやり取りを通じて、興味深く覗き見ることができます。

現実社会でも、キンチョーの大日本除虫菊株式会社における
同族株式の評価額が裁判で争われたという事例は、なるほどなぁと思いながら読みました。
企業法務の業務に携わったことがある人間なら、みんな興味深く読めるのではないでしょうか。

ただ、小説としては、主人公と弁護士の会話だけで状況を説明していこうとする進行が
冗長な会話文を招いて、読みづらいです。
さらに、老いらくの恋みたいな要素も絡んできて、69歳と65歳のラブシーンは、正直しんどいです。

そもそも、大金持ちの主人公が、母親の友達の窮状を救ったことで
義憤に駆られて世間一般の少数株主の味方をする社団法人を立ち上げるというのは
あまりにリアリティがないように思いました。
著者の哲学というか、主義主張が、小説の中で爆発しちゃった感じですかね。

過去に読んだ著者の作品に比べると、小説としての魅力に欠けたのが残念です。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  牛島信 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ウィキペディア革命』 | メイン | 『経済学のセンスを磨く』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6238-7bacba54
| メイン |