FC2ブログ
『異議あり日本史』
- 2020/04/23(Thu) -
永井路子 『異議あり日本史』(文春文庫)、読了。

一般的に知られている歴史のヒトコマについて、
著者の視点で異論を唱える歴史エッセイ。

そんなに思い入れもなく読み始めたのですが、
著者の力強い文章に、一気に引き込まれていきました。
著者のことはあまり知らないのですが、
男性っぽい迫力を感じる文章だと思いました。

1つ1つのテーマに充てている文章量は短いので、
そんなに深掘りしているわけではないと思うのですが、
ズンズン話が進んでいくので、テンポの良さと文章の強さをもって
「こんな歴史の解釈があっても面白いな」と思えてきます。

歴史の題材って、同じテーマをいろんな作家さんが扱いますが、
同じものを語っていても、ワクワクドキドキするものもあれば、つまんないものもありますよね。
結局、歴史は物語なので、歴史解釈という点での大局観の構成力と、
ストーリーテラーとしての筆力次第ということなのかなと。

新井白石とか光厳天皇とか、目の付け所も面白かったです。
新井白石なんて、印象は教科書の「正徳の治」ぐらいしかなく、
理念重視で頭でっかち政策を実行したというイメージです。

何か新井白石の本って読んだことあったっけ?と本Blogを検索したら
藤沢周平さんが書いた本を読んでました。その本では、白石は有能な政治家として描かれており
永井評とは異なります。
この作家による歴史上の人物への評価の違いというのも、歴史の面白さですね。
人間というのは、本当に多面的なんだなと思います。

著者の小説は1冊しか読んだことがないので、
他の作品も読んでみたいと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  永井路子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『にっぽん海風魚旅3 小魚びゅんびゅん荒波編』 | メイン | 『マンボウの刺身』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6211-2fbdc384
-『異議あり日本史』-
異議あり日本史 (文春文庫)posted with amazlet永井 路子 文藝春秋 1992/5Amazon.co.jpで詳細を見る 歴史小説や教科書にてイメージされる人物たちの事例を疑い、著者なりの見解を述べている歴史エッセイ集。 例えば徳川家光の乳母として権力を振るった春日局の夫だった稲葉正成はかなりの策士だったのではないか、とか、鎌倉時代の将軍たちは本当に執権であった北条氏に... …
2020/04/24 20:58  雨読夜話 ▲ top

| メイン |