FC2ブログ
『にっぽん海風魚旅3 小魚びゅんびゅん荒波編』
- 2020/04/24(Fri) -
椎名誠 『にっぽん海風魚旅3 小魚びゅんびゅん荒波編』(講談社文庫)、読了。

このシリーズを読むのは10年ぶりでした。
最近は、雑魚釣り隊などの大人数のキャンプ話を読むことが多かったので、
シーナさんの1人旅(または控えめな数人の仕事仲間との旅)を読むのは新鮮な感じがありました。

しかも、雑魚釣り隊のスケジュールを見ていると、
キャンプ地に24時間も居ないときさえあり、なんて忙しいキャンプをする人なんだと思ってました。
シーナさんの日常は、日記的エッセイで読んだことがあるので、
その忙しさは理解しているのですが、
逆に、本作の旅で、何日も千葉にいたり、北海道に居たり、小笠原に2週間も居たりするのを読むと、
「こんなにゆったりしてて大丈夫なのか?他の仕事がエライことになってるんじゃないか?」と
不安になってしまうほど、本作の中では時間が緩やかに流れてます。

特に取材目的も定めず、行き当たりばったりのドライブ旅。
宿は事前に決めているようですが、特にこだわりがないのか、結構失敗してます(爆)。
食事の店も、宿の人に教えてもらったり、出会った人に教えてもらったりで、
目茶苦茶美味しそうな店が登場することもあれば、
「まずい!」とバッサリ斬られる店も。
シーナさんが凄いと思うのは、「まずい!」と書いた店の写真を載せちゃうこと(苦笑)。
どこまで毒舌なんだか。

冒頭、千葉の旅が出てきましたが、
ちょうど読んだばっかりの館山周辺の漁師生活エッセイと舞台が被っていて、
「あらま、シーナさんもそこへ行ったのか!」と、自分自身は行ったことないのに
なんだかすごく親近感を覚えました(笑)。

そして、私が一番興味をもって読んだのは、小笠原の旅。
私自身、何度か父島にダイビング旅で訪問しているので、
すごく親近感をもって読んだのですが、
シーナさんの「大島や八丈島に比べて都会的」という指摘に大いに納得。
小笠原ってオシャレなんですよね。
日本というよりグアムやサイパンに近いイメージ。
アメリカ統治の影響でしょうかね。

アメリカ文化と島文化が不思議と融合し、そこに移住者の持ち込む若さが重なって
独特な文化を形成していると思います。
また行きたいなぁ。
でも、1週間も時間が作れない(悲)。
サラリーマンの時って、会社の命令で1週間の9連休が取れたので、
今思うと幸せな宮仕え生活だったなと。
脱サラして起業しちゃうと、細かい時間はいくらでも作れるけど、
大きな時間が自由になりにくいという悲しみ。
ダイビング自体、2年近くできてないし。
まずは足元でのダイビングを復活しないとダメですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  椎名誠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『コレキヨの恋文』 | メイン | 『異議あり日本史』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6209-29b64cca
| メイン |