FC2ブログ
『不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません』
- 2020/04/05(Sun) -
宮嶋茂樹 『不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません』(祥伝社黄金文庫)、読了。

フライデー専属カメラマンだった若い修業時代の話を通して、カメラマンの仕事を語り、
またフリーになった後のスクープ写真撮影秘話を通して、カメラマンとしての信念を語る。
非常に面白い本でした。

この人が凄いなと思うのは、
「俺は戦争カメラマンとして人間のエゴを映し出すんだ」とか
「全世界の人に世の中の真実を届けたいんだ」とかいうようなキレイゴトを言わずに、
「みんなが見たいと思う写真、面白いと思ってくれる写真を撮るんだ!」と、本音に素直なところです。

読者が望むものを見せることに命をかけ、知恵を絞る姿が語られています。
ご本人のキャラクター(勝谷さんが作ったキャラクター?)のせいで、
茶化した文章で書いていますが、その裏に隠された努力の部分が凄いなと思います。

東京拘置所内の麻原彰晃の様子を撮影するというミッションでは、
撮影ポイントを探し出すところから、撮影方法の組み立て、そして毎日の張り込みという、
泥臭い部分を紹介していますが、その結果があのスクープ写真であり、
カメラマンなら誰でもスクープが取れるのではなく、知恵と根性の伴った人にしか取れないんだろうなと。

そして、これだけの努力の結果、スクープが撮れたら報われますが、もちろん撮れないことも。
紀子様の御成婚パレードのくだりで失敗談が語られていますが、
御成婚パレードで失敗しても命の危険はないですが、
光州事件や三里塚の取材では命の危険と隣り合わせなわけで、
怪我しました、カメラ壊されました、写真は撮れませんでした・・・・ではやってられないですよね。
出版社からも素材が確保できなくて怒られるでしょうし。

そういうリスクを抱えながら、真正面から取材対象に向かっていく姿勢が興味深かったです。
一発勝負の仕事の厳しさというのが、読んでいてスリルがありました。

以前に読んだ著者の本は、ちょっと笑いに走った企画が多かったのですが、
本作は正統派のスクープ写真撮影譚で、面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL |  宮嶋茂樹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『<反>哲学教科書』 | メイン | 『帝王学ノート』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6193-bf95c327
| メイン |