FC2ブログ
『一橋ビジネスレビュー2019夏』
- 2020/03/30(Mon) -
『一橋ビジネスレビュー2019夏』

特集が終わるまであとちょっとというところで、ずーっと放置してしまってた巻。
もう記憶が定かではないのですが、たぶん、そこで止まってしまったのは
あんまり興味がわかなかったからではないかと推測(苦笑)。

アクティブラーニングとかの教育指導法の話よりも、
将来の日本を背負う子供たちに対して、どんな日本人像を想定してどんな教育を施していくのか
というもっと大局的な視野での論を読みたかったので、ニーズ違いだったのかなと思います。
(いや、記憶があやふやなので、大局観も論じられてたらごめんなさい)

で、後半というか、通常の連載ですが、
「ブランドとは何か」という解説が、非常に平易な文章で、かみ砕いて説明されていて
経営論文世界の人からすると「何をいまさらこんな初級の話を!?」と思われそうな内容ですが
一般ビジネス社会で右往左往している私からすると、頭の整理に非常に分かりやすかったです。

そして京大EVベンチャーのGLM社の話。
自動車産業という巨大で堅固なビジネス世界に、他分野から飛び込んだベンチャー企業の話が
非常に興味深かったです。
特に、商業生産に乗せるまでの技術的な困難がなぜ解決できないのかとか、
協力会社がなぜ見つからないのかという原因とその解決プロセスのくだりが
「なるほど、そういうところに壁があるのか」と、イメージしやすく、面白かったです。
自分が行っている事業は自動車産業とは関わりがまずないですが、
でも、既存の産業構造と新規参入者の衝突点とその克服というプロセスについて
非常に勉強になりました。

最後に、出口治明氏と米倉先生との対談。
出口さんは三重県出身なので、注目している経営者さんなのですが、
ブックオフに本があんまり出回っていないので、まだきちんと読めていない方です。
今回の対談で、言葉は柔らかいけど、指摘している内容は非常に辛辣で、
それに対する自分の改革責任の表明や、実際の行動、そして実績を読んでいると
やっぱり凄い経営者だなと思います。

出口さんの本は、これからきちんと追っていきたいと思います。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『恋する歌音』 | メイン | 『大誘拐』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6186-a9a4f50f
| メイン |