FC2ブログ
『わしらは怪しい雑魚釣り隊 サバダバサバダバ篇』
- 2020/03/23(Mon) -
椎名誠 『わしらは怪しい雑魚釣り隊 サバダバサバダバ篇』(新潮文庫)、読了。

雑魚釣り隊の第2弾。

雑誌『つり丸』に連載されたものをまとめています。
誌面の関係か分量がかなりスッキリしていて、サクサク読めます。
この手頃な感じが、雑魚釣り隊やっているクダラナイ釣り行とマッチして
バカしかやってないし、釣りにもそれほど真面目じゃないのに、好感をもって読めます。

みなさん、忙しい日々の中で毎月キャンプに出掛けるわけですから
ものすごい情熱です。
「今月は忙しいから無理!」というわけで不参加のメンバーもその時々でいますが、
連載にしなければいけないシーナさんは、交通事故にでも遭わない限り参加必須なわけで
(実際に事故で1回欠席してますが・・・・・)
こりゃものすごいプレッシャーですよね。
たぶん、このメンバーの中で一番多忙を極めているはずなのに。

だから、「雑魚釣り隊だ!」と言いながら、
「そろそろ釣りには飽きたからご飯作りに行ってくる」と言って
場を離れる自由さを持ち合わせている、このグダグダさが大事なんだろうなと思います。

千葉や湘南や時には羽田空港のそばでキャンプをし、
時には八丈島や新島、小笠原までにも出かけ、
1泊するだけのものから気合の入った連泊キャンプまで
いろいろ覗けるのも楽しいです。
島旅は自分も大好きですが、でも、普段の身近なキャンプの楽しさがあった上での
島旅のエンタメ感かなとも思います。
ダイビングの経験からすると。
身近なキャンプも、すぐ行けてさっと帰れて、きちんと楽しいというのが
大事な要素かなと思います。

個人的には、小笠原旅行記が前編だけでブツっと終わってしまったのが残念。
母島は私も行ったことがないので、読んでみたかったです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  椎名誠 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『参謀の器量学』 | メイン | 『玉置和郎の遺言』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6173-652fa0c5
-『続 怪しい雑魚釣り隊―サバダバサバダバ篇』-
続 怪しい雑魚釣り隊―サバダバサバダバ篇椎名 誠 (著)マガジンマガジン 2009-05Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 本日7時居酒屋集合! ナマコのからえばり 2 新宿遊牧民 続 大きな約束 極北の狩人―アラスカ、カナダ、ロシアの北極圏をいく (講談社文庫) 帰ってきちゃった発作的座談会 釣り専門誌のつり丸で連載中の、椎名誠による代表的なシリーズものエッセイである... …
2020/04/18 15:59  雨読夜話 ▲ top

| メイン |