FC2ブログ
『ノーライフキング』
- 2020/03/06(Fri) -
いとうせいこう 『ノーライフキング』(河出文庫)、通読。

裏表紙のあらすじに「著者圧倒的代表作」とあるのですが
私は全く知らない作品でした。
とりあえず、著者名で買ってきました。

小学生の間で空前のブームとなっているゲームソフト「ライフキング」。
そのゲームにまつわる様々な噂話が子供たちの間に蔓延し、
現実世界の子供たちの間に不安や恐怖が重さを増してくる・・・・。

最初に感じた印象は、「古いな」というもの。
30年前ぐらい、つまり自分が小学生だった頃の雰囲気が漂っています。
実際、発刊は1989年だったようで、ちょうどその頃。

私が小学生の頃は、スーパーファミコンが登場し、みんなが争うように有名ゲームの
発売日に店頭に並び、その後必死になってプレイするという世界。
(私はファミコンを持ってなかったので、そんな社会を横目で見てた感じですが・苦笑)
その他にも、ビックリマンチョコのブームや、光GENJIのローラースケートブームなど、
とにかく、それ一色に子供たちの世界が染まってしまうような空間がありました。

それは、当時、子どもたちに与えられたおもちゃの種類が少なく、
ごく一部のヒット商品に、みんなが群がるしかなかったからかなとも思います。

今や、子どもたちもスマホやPCを持ち、自分の好きな世界を探し当てるツールを手にしているので
一つ一つの世界はマニアックに広がっていても、30年前のような、
誰もが同じものに熱中するような時代ではなくなってきているような気がします。

いや、これは、私が年をとってしまったから見えなくなっているだけで、
ポケモンとか、ムシキングとか、遊戯王とか、実は30年前と同じような状況なのかもしれませんが。

というわけで、私の目には、こんな、噂がどんどん生み出され、子どもたちがそれに熱狂し
また自分を見失うほどに混乱する世界が訪れることは、もはやなくなってしまったように感じました。
そのため、本作の印象が「古いな」になってしまいました。

20年前の、自分が大学生だった頃、大学生がPHSを持ち始めたころに
本作を読んでいたら、もっとビビッドな印象を受けたかもしれません。

もしくは、小学生というところが物足りなかったのかも。
中学生の話には夢中になれたので。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  いとうせいこう | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『晴れ女の耳』 | メイン | 『訴訟合戦 オレ、あした、部長のこと訴えるわ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6160-3f6317a8
| メイン |