FC2ブログ
『なにも願わない手を合わせる』
- 2020/02/24(Mon) -
藤原新也 『なにも願わない手を合わせる』(文春新書)、読了。

兄の死を受け、四国の巡礼の旅をする著者。
父や母が他界するたびに巡礼をしてきたそうで、
あぁ、そういう追悼の方法があるのか・・・・・・と自分にない発想でした。

お兄さんは、ガンで最期は苦しみながら亡くなったそうですが、
そういう姿を目の当たりにして、しかも著者自身がもう医療提供を止めてくれと申し出たというのは、
ある種、自分で兄の最期の時期を決めたわけであり、その心理的な重みはいかばかりか。

私の母は、母の母の最期のときに「延命治療はしなくてよい」と医師に伝え、
心肺の反応が弱くなっていったときに、祖母のそばには母と私しか居なくて、
心肺が停止してから、ナースセンターに居た医師と看護師が臨終を確認しにやってきました。
苦しむ様子もなく穏やかな最期でしたが、それでも、母の決断は凄いなと、当時感じ入りました。
自分の母親の最期を自分で決めたわけですから。

目の前で苦しんでいる様子を見ていた著者の苦悩は計り知れません。
自分の判断が正しかったのかどうか、答えの出ない問いを続けてしまいそうです。
そういう時に、四国の巡礼というのは、心を落ち着けるために効果的なのかな。

これまでの著者の本で読んだものは
どちらかというと社会や世間に目を向けたものが多かったのですが、
本作のように自身の内面に落ちていく本は、簡単には読み込めないですね。

兄の死をどう乗り越えるのか、
巡礼の先々で出会う風景にどんな意味付けをするのか、
一生心に残る風景になるでしょうから、重たい行為だと思います。
それを文章化して発表するというのは、著者にとっては一つの供養だったのか
それとも自身の中での昇華だったのか。

自分の経験不足のために、受け止めきれないものが残る読書となりました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  藤原新也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『佐藤可士和さん、仕事って楽しいですか?』 | メイン | 『もしも戦国武将があなたの会社の社長になったら』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6149-9919b01f
| メイン |