FC2ブログ
『税務署の正体』
- 2020/02/20(Thu) -
大村大次郎 『税務署の正体』(光文社新書)、読了。

以前に読んだ著者の本は、節税対策の具体的な手口の紹介本
だったのですが、
本作は税務署のお仕事に関する紹介本でした。
なので、興味本位で読んでみるという感じです。

ときどき税務署に申告に行ったり、質問しに行ったりしますが、
質問する内容によって出てくる担当官が変わるので、
結構、専門分野で担当が分かれているのかな?と思ってました。

私がしょっちゅう税務署に質問に行くので、
何度か対応してくれて話がしやすくなっていた担当官のおじさんが
「解説書あげますから読んでみてください」と、分厚い本をくれました。
それは「源泉徴収のあらまし」という本で、「源泉徴収だけでこんなにルールがあるのかぁ・・・」
ということと、「しかも、”あらまし”かぁ・・・・」と驚きました。
まじめな公務員気質の人でないと努まらない仕事だなと。

本作でも、新卒で担当分けがなされたら、以降ずっとその分野で仕事をするということが
紹介されていたので、まさに専門性を磨いていく仕事なのだなと思います。
税金って、国の経営の原資となる重要なものだということだけでなく、
国家に対する国民の信頼を象徴するようなものだと思うので、
それを扱う税務署職員の方は重責を担っていると思います。

そういえば、昨年の今頃は、佐川国税庁長官が国会答弁で総攻撃されていて
「こんな奴が率いている国税庁なんかに確定申告しなきゃならんなんて!(怒)」
みたいな空気がありましたよね。
やっぱり、税務を扱う職員さんへの信頼感というのは大事なことだと思います。

本作の内容としては、これを読んでも特に税務知識は増えないし
節税効果も得られないと思いますので、
あくまで話のネタを仕入れる程度の読書です。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  大村大次郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『笑説 大名古屋語辞典』 | メイン | 『「あたりまえ」を疑う社会学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6145-c90eb1f8
| メイン |