FC2ブログ
『悟浄出立』
- 2020/02/13(Thu) -
万城目学 『悟浄出立』(新潮文庫)、読了。

何かの書評で見て、読みたいなと思っていた本です。

5つの短編が収められており、『西遊記』がモチーフの表題作以外には、
『三国志』や楚漢戦争など、中国の有名な物語が扱われています。

ポップで歪んだ万城目節の世界観なのかなと思いきや、
かなり真面目なトーンで物語が進んでいき、意外な印象でした。

そもそも、私の中では『西遊記』となると、香取慎吾や内村光良が頭の中に出て来ちゃうので
「あれ、なんだかキャラが違うなぁ」と、最初は戸惑ってしまいました。
もちろん、TVドラマの方が変なキャラ付けになってるはずなのですが(苦笑)。

あぁ、この沙悟浄は自分に自信がなくて消極的な人なんだ・・・・と分かってからは、
物語の世界観に入っていけました。
猪八戒が「天蓬元帥」として天界では英雄視され尊敬されていたというのは、
初めて知った設定だったので、驚きました。
伊藤淳史さんの猪八戒とは大違い(笑)。

本作での御一行様の中では、沙悟浄が一番人間の煩悩や苦悩に近いところで
悩んでいるように感じました。
だからこそ、その勇気の無さや消極さに共感を覚えるのでしょうね。

『三国志』や楚漢戦争までは、中学生の頃にジュニア小説や漫画で読んだので、
それなりに歴史的な流れも把握できており、登場人物も名前である程度分かっていたので
すんなり読めたのですが、後半の2作品は、ちょっとしんどくなって流し読みでした。

中国の古典は面白いと思うのですが、
本作のような独自解釈の本を読む前に、きちんと古典に沿った本を読んでないと
その面白さがわからないままになってしまいますね。

『水滸伝』、中学生の時に途中で挫折したままなので、
いつか、ちゃんと読まないといけないのですが・・・・・。







にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  万城目学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『武士の献立』 | メイン | 『バカに民主主義は無理なのか?』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6139-39638008
| メイン |