FC2ブログ
『ラストワルツ』
- 2020/02/02(Sun) -
柳広司 『ラストワルツ』(角川文庫)、読了。

D機関シリーズ第4弾ですが、
前作で感じたパワーダウンの流れを本作も変えられず。
なんだか理屈っぽさが目に付いてしまいました。

冒頭の「ワルキューレ」には、ゲッペルスとレニ・リーフェンシュタールが登場し、
歴史の味付けの部分は興味を持って読みました。
映画監督というものを、民衆のナショナリズム高揚にどう利用したのかとか。

ただ、それぐらいしか印象に残らない作品でした。
全編通して。

ネタ切れになる前に、きれいにシリーズを閉じるというのは
編集者さんの腕の見せどころではないかなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  柳広司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『子どもは判ってくれない』 | メイン | 『高校生からのゲーム理論』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6129-7df40f36
| メイン |