FC2ブログ
『超訳ニーチェの言葉』
- 2019/12/28(Sat) -
フリードリッヒ・ニーチェ著、白取春彦訳 『超訳ニーチェの言葉』(ディスカバー)、通読。

ニーチェの言葉が多数紹介されています。

「超訳」というタイトル通り、たぶん、かなり意訳されているのだと思いますが
その分、読みやすくなっています。

ただ、今の私には、あんまり刺さってくる言葉がなかったです。

訳の問題というよりは、
多分、今の私のステイタスが、あんまりニーチェを求めていなかったのではないかと思います。
また別のタイミングで読んだら、染み入ってくるかもしれません。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  白取春彦 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『チチンプイプイ』 | メイン | 『「関係の空気」「場の空気」』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6094-a0f4cdd2
-『超訳 ニーチェの言葉』-
超訳 ニーチェの言葉posted with amazlet白取 春彦 (翻訳)ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010-01-12)Amazon.co.jpで詳細を見る 近代のドイツで活躍した哲学者・ニーチェの言葉232を現代語訳および解説している作品。 このシリーズ共通の、右が訳文、左が解説という見開き2ページずつの構成になっている。 けっこう前に購入したまま積読していたものを、... …
2020/01/02 07:00  雨読夜話 ▲ top

| メイン |