FC2ブログ
『談志が死んだ』
- 2019/12/07(Sat) -
立川談四楼 『談志が死んだ』(新潮文庫)、読了。

落語家の本は、起承転結の構成や文章リズムの心地よさで好きなのですが、
やっぱり名前を知っている人の本でないと手が伸びにくいです。
本作の著者は失礼ながら存じ上げなかったのですが、
「談志の本」ということで手に取ってみました。
ただ、談志師匠自体、私は噺を聞いたことがなく、テレビで流される破天荒なイメージと
前に読んだ談春師匠の本のイメージとしか持ち合わせておりません。

本作では、談志師匠の死を知らされた日の話から始まりますが、
やっぱり噺家さんは語り口がお見事ですね。
著者のことを全く存じ上げなかったのですが、その日の流れを追いながら
談志師匠との関係をきちんと説明していき、談志師匠の人物像も端的に描いていきます。
最初の展開で、ぐいっと掴まれた感じです。

そして、談志師匠の死を知った日の話から、その後の談志フィーバーに駆り出される自分を書き、
そこから話は談志師匠が参議院議員選挙に出馬した時の話に飛びます。
落語の話じゃないんです。選挙の話です。
ここの期待感のずらし方が上手いです。

落語家としての談志師匠のイメージは、たぶん、私より上の世代の方たちなら
皆それぞれに何かしら持っているのではないでしょうか。
私が初めて落語を生で聞いたのは2009年だったので、すでに談志師匠は闘病生活に入っており
失礼な言い方ですが、私にとっては「過去の偉大な落語家」という位置づけでした。
メディアが植え付けた破天荒なイメージが先行したものです。

本作で描かれる談志師匠は、私の持つ破天荒さのイメージのさらに上を行く破天荒さで、
よく弟子の皆さんついていけるなぁ・・・と思ってしまいますが(苦笑)、
無茶苦茶言っている日々の中でふと口にする弟子への評価の言葉とかを読むと、
この一言でお弟子さんは救われるんだろうなぁと思ってしまいます。
そして何より、落語が上手い人だったからこそ、弟子の人たちがここまで付いてきたんだろうなと。
生で高座を見られなかったのは何とも残念です。

談春師匠の『赤めだか』のエピソードも出てきますが、
『赤めだか』とは、また違った立場の弟子よる談志像で、とても面白かったです。

ただ、本作を読み終わった後、たまたま見たネットニュース番組で談四楼師匠の名前が出てきて
タイミングの良さにビックリしました。
師匠のツイッターの内容を紹介したものでしたが、その内容に2度ビックリ。
かなり左翼系の発言をする方なのですね。師匠は自民党の代議士だったのにね(爆)。
ちょっと印象が変わってしまいました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『つきのふね』 | メイン | 『一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6075-9f1baa07
| メイン |