FC2ブログ
『武者小路実篤詩集』
- 2019/12/05(Thu) -
亀井勝一郎編 『武者小路実篤詩集』(新潮文庫)、読了。

父の本棚にずらっと並んだ武者小路実篤の作品。
「父はこの人の作品が好きなんだな」と子供心に感じていましたが、
中学生の時に手に取って、数行で挫折。
高校の時にも挫折。大学の時にも挫折。
結果、かなり苦手意識が植えついてしまいました。

今回、たまたまブックオフの50円ワゴンに詩集が入っており、
物は試しと買ってみたのですが、ビンゴ!

小説よりも、詩の方がずっと読みやすいです。
詩というよりも、私には、実篤の心の声が書かれた日記を読んでいるような感覚でした。
自分の不器用さを嘆いたり、上手くいかない焦りを愚痴ったり
そんな心の苦しさを短い詩の中にぶち込んでいるかと思いきや、
自分をブッタと比較してみたり、なかなか不遜な((笑)ところもあったりして。

ものすごく共感できる言葉や感情が並んでいて、
武者小路実篤って凄いわ、とやっと実感できる作品に出合えました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  武者小路実篤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト』 | メイン | S革>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6071-e5dc6a7d
| メイン |