FC2ブログ
『生きる』
- 2019/11/19(Tue) -
義家弘介 『生きる』(スターツ出版)、読了。

ヤンキー先生こと義家氏については名前程度しか知らないのですが、
ブックオフで50円だったので買ってきました。

各ページに短い言葉が載っているのですが、
それよりも印象に残ったのは、大量に挿入される著者のポートレート集。
著者が学校で指導している日常の様子というよりは
著者が大きく載っているカットばかりで モデルさん???って感じでした。

地元の高校にヤンキー先生として勤め、
その後、横浜市の教育委員会に移り、
そして今は政治家という、なんだか職歴が良くわからない人です。

なんで急に横浜市だったのでしょうか?
本作のポートレートを見てると、「目立てる場所から声がかかるとそっちに行っちゃう人なのか」と
思ってしまいました。

で、本作のお言葉集ですが、まぁ、熱い言葉が並んでます。
良いことも言ってると思いますが、挿入されている写真に自分しか映っていなくて
教育の対象である子供たちが登場してこないので、その言葉にはなんだか上滑り感を
覚えてしまいました。

叱った人間だけが、褒める資格を持っている

これは、その通りだなと思いました。
ほめて伸ばす教育というのには若干の疑問を感じています。





にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『豆の上で眠る』 | メイン | 『人麻呂の暗号』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6050-a178237e
| メイン |