FC2ブログ
『朽ちていった命』
- 2019/11/09(Sat) -
NHK「東海村臨界事故」取材班 『朽ちていった命』(新潮文庫)、読了。

東海村のJCO臨界事故は、私が大学3年生の時に起きた事故でした。
原子力の事故で人が死んだという衝撃を受け、結果的に卒論のテーマにしました。

事故直後、マニュアル逸脱ということが発覚した時、
「原子力のような専門性の高い分野で何の知識もない下請けに作業させるなんて!」という
非難の声が高まったように記憶していますが、
しかし、「商業化」というのは研究の舞台から日常生活の中にその技術が下りてくることですから、
全ての工程を専門家が担うわけにはいきません。
そんなことをしたら人件費がかかりすぎてとても商用にはできないわけで、
商業化するということは、一般人でもこなせる仕事にブレイクダウンするということです。

プリウスを作っている工場の作業員が、ハイブリッドエンジンの構造そのものを理解しているかどうかは
問われないのと同じことだと思います。
ただ、プリウスが正しく走るように、暴走しないように、設計図に則って各作業員が
正しく適切に組み立てていくことと同じように、いやそれ以上に、
放射性物質をマニュアルに従って正しく適切に処理することが求めらていた現場で
マニュアルに逸脱した作業が行われていたことが問題なのであり、
そこに企業の責任が問われることは当たり前だと思います。
このあたりの責任追及の世論が、日本では変な方向に行ってしまうことが多いなと感じます。

さてさて、そんなこんなで、一般の人よりも、この事故については良く知っているつもりです。
しかし、原子力の現場を一つの産業として考察することを主軸にしたので、
本作のような「被爆者の治療」という観点では、あまり情報を集めていなかったことを
本作を読みながら思い至りました。

ついつい、原子力産業という大きな括りで事故を眺めてしまうと、
被爆した1人1人のことには目が向かなくなってしまいます。
「死者2名」という数字にまとめてしまうと、個々の人の人生は見えなくなってしまいます。
それを、この本では、大内久さんという人が生き抜いた最後の83日間を描き切り、
世界中で誰も経験した事がない「大量の中性子線被爆をしながらも3か月近く命をつなぐ」ということを
やってのけた過程を教えてくれます。

それまでに世界で起きた臨界事故は20例に満たず、
しかも大量被爆をした人はまもなく亡くなってしまっているという状況で、
最も被爆状態がひどかった大内久さんを受け入れた東大病院でも、
どうやって治療していけばよいのか見当がつかなかったようです。

最初は、大内さんの意識もはっきりしており、外見的な異常も少なく、
医療チームの人々は、病院に運び込まれてくる前に想像していた悲惨な患者像とズレたことで
拍子抜けしたようですが、逆に、元気な時の大内さんの姿に触れてしまったからこそ、
その後、日に日に深刻な状況になっていくにあたり、自分たち医療チームの無力感が
より際立って感じられるようになってしまったのではないかと思いました。

本作では、治療に当たった医師や看護師の「この治療に意味があるのか」
「大内さんを苦しませているだけではないのか」という苦悩が、様々な人の口から引き出されており、
読んでいて、涙が出てきてしまいました。
医療現場では、もちろん、日々、死の場面に直面するであろうプロの人々であっても、
大内さんのケースは、心に大きな動揺をもたらすものだったのではないかと思います。
それでも、それぞれが悩みや疑問を抱えながら、自分の職分で誠実に治療にあたってきたというのは
良くわかりました。東大病院なので医療の技術も経験値もトップレベルの人が集まっているでしょうし、
そのトップチームが「患者を治すんだ!」という一点にどれだけ真剣に取り組んでいるのかが伝わってきます。

医療チームのリーダーでさえ、治療を続けるべきか悩んだ様子が描かれていますが、
結局最後は、家族の「生きてほしい」という思いにこたえるために治療を続けたということになっています。
これ、家族にとっても辛い選択ですよね。
全然状況は違いますが、私の母方の祖母は病院で最期を看取りましたが、
母が延命治療を望まなかったので、心臓の動きが弱っていっても、そのまま自然の成り行きで死を迎えました。
医師の方や看護師の方も、近くで見守っているけど何も手を出さないという最期で、
そこに立ち会った私は、母は凄く重たい決断を自ら行い責任を引き受けたんだと実感しました。
祖母の死は穏やかな最期でしたが、大内さんのような最期の場面に立ち会う家族は、
毎日の治療の様子やその結果が思わしくないこと、日々悪化していく大内さんの体を見て、
いったい何を感じていたのだろうかと、想像しようと思いましたができませんでした。
もし自分がその状況に置かれたら、たぶん、何も判断できず、「全て任せます!」と医療チームに頼み、
「もう、ここまでで良いです」と治療を切り上げるような線引きはできないように思います。
一般人が判断できる世界ではなくなっていると思えて仕方かなったです。

一周忌が終わってから、大内さんの奥様が病院に御礼に訪れたということが書かれており、
最期まで医療チームとの信頼関係は崩れなかったんだなと思い、何かほっとしました。

一方、この治療に関わった医療関係者にとっては、
「患者をいたずらに苦しめたのではないか」という思いは、一生消えないのではないかと思いました。
新たな患者さんに向き合う時も、大内さんの治療経験が突き付けてくるものがあるのではないかと。
きっと、答えは出ないものなんだろうと思いますが、医療の現場というのは、
こういう医師や看護師の誠意のもとに成り立っている、本当に聖職なんだなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  NHK取材班 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『国を思うて何が悪い』 | メイン | 『新宗教儲けのからくり』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6047-5fcbe65c
| メイン |