FC2ブログ
『政界陰の仕掛人』
- 2007/06/24(Sun) -
大下英治『政界陰の仕掛人』(角川文庫)、読了。

表舞台に出てこない政界のキーマンに迫った作品。

四元義隆氏、入内島金一氏など、
知らない名前が取り上げられていたので、
Wilipediaで調べてみましたが、出てきませんでした。

本作を読むと、政界で果たしていた役割は相当なものだったと思われますが、
あまり一般人の興味が及ぶ先ではなったようですね。

後半は、読売ナベツネさんのお話でしたが、
インタビューでのやり取りを読むのは苦しくて、読み飛ばし気味でした。
この方の思考や言動は、やっぱり苦手です。


小説 政界陰の仕掛人
小説 政界陰の仕掛人大下 英治

角川書店 1990-07
売り上げランキング : 887832


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  大下英治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『危険信号』 | メイン | 内さま>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/603-2c418357
| メイン |