FC2ブログ
『インビクタス / 負けざる者たち 』
- 2019/10/19(Sat) -
『インビクタス / 負けざる者たち 』

ラグビーW杯に沸き立っている日本ですが、
ラグビー映画が放映されたのを録画していたので見てみました。

アパルトヘイト政策が終わり、マンデラ大統領が誕生した南アフリカ。
差別政策は表向きなくなっても、黒人と白人の間の対立意識は消えず、
マンデラ大統領がどう融合していくかが問われる状況です。

そんな中、白人が楽しむスポーツとして認識されていたラグビーのW杯が南アフリカで開催され、
そこでの南アフリカチームの活躍に、国民の融合を託す大統領。
陰に陽にチームを鼓舞し続け、ついにW杯決勝の舞台へ!

祖国が生まれ変わる大事な局面と、ラグビーW杯のホスト国の熱狂とを重ね合わせて
感動的な対策になっているのですが、正直イマイチ乗り切れなかったところがありました。

マンデラ大統領就任からW杯ホスト国決定への流れが降ってわいたような感じで
あんまりそこに政治的な戦略性が見える様な見せ方ではなかったです。
一方のチームの方も、冒頭では弱小チームのような描かれ方をしていたのに、
そのチームがW杯決勝戦まで勝ち進むような強さを身につけた経緯がイマイチ不明でした。

現在、日本チームがなぜこれほど強くなれたのかという報道が
毎日のように詳細に伝えられている状況では、
日本チームが強くなった理由には納得がいっても、
南アフリカチームが強くなった理由を1時間そこそこの映画で見せられても
信憑性にかけてしまう印象を受けてしまうのでしょうかね。

そして、肝心のラグビーの試合のシーンですが、
フィールド内にカメラマンを立たせて、ド迫力のシーンを撮ろうとしている努力は感じますが
いかんせん、日本戦のトリッキーなプレーの印象が強くて、霞んでしまいました。
たぶん、カメラの性能とか撮影技術とかの進歩もあって、今の試合の見せ方が各段に
面白くなっているというのもあると思うのですが、
カメラワークが満足できるものではありませんでした。

見ているこちらの気持ちが、ラグビーに浸り過ぎているので、
マンデラ大統領の「許す」という姿勢の偉大さが、陰に隠れてしまった感があります。

見たタイミングが、あまりよろしくなかったかな。




関連記事
この記事のURL |  クリント・イーストウッド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『たたかいの社会学』 | メイン | 『海幸無限』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6024-139171a3
| メイン |