FC2ブログ
『武士道シックスティーン』
- 2019/10/21(Mon) -
誉田哲也 『武士道シックスティーン』(文春文庫)、読了。

剣道一家に育った剣道エリートの香織は、
中学の大きな大会で準優勝となり、最後に負けた悔しさを晴らすためか
地元の小さな剣道大会に出たところ、無名の中学生に負けてしまう。
この屈辱を何とかしたいと、その無名選手が下から上がってくるはずの高校に入学し、
剣道部に入部する・・・・・。

エリートの香織と、無名選手の早苗という2人の少女の視点を交互に置いて
それぞれの行動や態度が、お互いにどんな風に見えているのかが分かり、面白いです。

香織は、エリート剣士にイメージされる知性や冷静さとはちょっと違うタイプで、
どちらかというと野武士のような武骨な性格です。そして、やや乱暴。
言葉遣いも、敬愛する宮本武蔵の影響か、「かたじけない」とか言っちゃってるし。
スポコン物のエリート像とはちょっとずれる型破りなキャラクターです。

一方、早苗の方は、日本舞踊から剣道に道を変えたという、これまた変わり種。
勝負へのこだわりは薄く、むしろ自分の技術を高めることや、型をきちんと決めることに拘ります。
闘争心がないので、平和で穏やかな部活を望みますが、
なぜか粗暴な香織のことが何かと心配になり、構ってしまうのです。
このコンビは、早苗のキャラクターがあってこその組み合わせだなと思います。

こんな2人の、主に高校1年生の1年間を描いていますが、
ストーリーの大きな波は、この野武士エリートに不調の波が訪れること。
しかも、技術的な不調というより、「私なんで剣道やってるんだろ?」的な本質的な不調。

このあたりの展開、心情が急変したポイントがどこだったのか
正直よく分からなかったのです。
この出来事がきっかけなんだなというのはわかるのですが、
その出来事を受けて、一体どの事象が心のスイッチを押してしまったのかが曖昧です。

ここ以外にも、香織と早苗がけんかのような状態になって、
仲直りのきっかけをつかめないでいた時に、なぜか自然と2人の気持ちが近寄って行ったくだりがあり、
そこも、感情の機微が良く分からなかったです。
早苗自身、なんで自分が相手を受け入れられたのか分かっていないというような描写があったので
具体的なきっかけがなくとも、人間は相手を許せるんだということなのかもしれませんが、
私個人の好みからすると、感情の揺れ動きをガッツリ書き込んでほしかったなというところです。

物語は最後、続きがあるように思わせる描き方だったので、
最初からシリーズ化が頭にあったのでしょうかね。

誉田さんの作品って、グロくて気持ち悪いものしか読んだことが無かったので、
こんな爽やかな作品も軽やかに描けるのかと今更ながらビックリしました。
とりあえず、次の『セブンティーン』を早く100円で見つけなければ!




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  誉田哲也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第10回一橋大学中部アカデミア シンポジウム | メイン | 『たたかいの社会学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6022-084283fe
| メイン |