FC2ブログ
『海幸無限』
- 2019/10/18(Fri) -
宮原九一、あん・まくどなるど 『海幸無限』(清水弘文堂書房)、読了。

とある会場で、あん・まくどなるどさんと会話する機会があり、
自分がやっている仕事について「頑張ってください、応援してます」と励ましていただきました。
その言葉がシンプルに嬉しかったので、印象に残ってたのですが、
その方のインタビュー本をブックオフで見つけたので買ってきました。

相手は元全漁連会長ということで、
日本の水産業の在り方とか、地方の漁業の衰退とか、そういう話の対談かと思いきや、
中身は、この元全漁連会長の宮原九一氏の半生をインタビューで迫ったものでした。
しかも、この宮原氏、三重県の漁師町の出身で、三重県漁連から全漁連に行った方とのこと。
そして何と、旧制中学から北海道の水産高校へ行き、実習で世界一周をし、農水省入省、
終戦後は農水省に籍を置きつつ三重県に戻り県内の水産行政に携わるようになるという超エリート。

当初の想定とは全く違う本でしたが、三重県にこんな凄い水産業界の実力者が居たのかと
想定以上の驚きを与えてくれた本でした。

聞き手のあんさんの柔らかい合いの手に騙されてしまいますが、
結構、政治的な手腕というか、組織内での裏での手の回し方とか根回しの仕方とかも
素直に語っていて、小物はこういうの隠しそうだけど、大物はオープンだなぁと
変なところで感心してしまいました。

進学先で奨学金を上手くもらって豪遊したり、軍隊で勝手な命令を出して叱られたり、
官僚組織内で「嫌です」と自分の意見を言ってみたり、反骨心があるというか
怖いもの知らずというか。

組織の要職に就いてからの政治手腕が印象に残りますが、
それは、この学生の頃や若い頃に培われたものだと思います。
もっと言うと、子供の頃の家庭での教育の結果だと思うのですが、
このインタビューでは、子供時代のことはほとんど触れられていかなったので、
そこは残念に思いました。
こんな利発な子がどうやって誕生したのか、そこを知りたいと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『インビクタス / 負けざる者たち 』 | メイン | 『一橋ビジネスレビュー2018夏』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6021-5d7e2ee7
| メイン |